Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ワンピースネタバレ映画STAMPEDE(スタンピード)|考察|鑑賞後感想など

ワンピース映画最新作STAMPEDE(スタンピード)のネタバレ、あらすじ、鑑賞後の感想や考察などを書いていきます。

ロジャーの残した宝を求めて海賊万博に訪れた麦わらの一味や超新星の海賊達。
主催するは”祭り屋”ブエナ・フェスタと”鬼の跡目”ダグラス・バレット。

かつてロジャーの船に乗っていた最強のバレットに超新星やサボ、七武海、海軍などが挑む!
アニメ20周年のお祭り映画!
ワンピースやラフテルの鍵を握る…?

ワンピーススタンピードのあらすじ、ネタバレ

ワンピースSTAMPEDE早速見てきました!

感想は後半で書きますが先に言います。
めちゃめちゃ面白かったです!

では早速あらすじをネタバレ全開で書いていきます。
時系列や抜けている部分、わかりづらい部分が多少あるかと思いますがご容赦ください。

いつまで公開している?などの情報はこちらの記事で。

黒ひげのインペルダウンLEVEL6のシーンからスタート

まず映画が始まって一番最初に聞こえてくるのが黒ひげの高笑い。(笑)

インペルダウンでLEVEL6に囚人に殺し合いをさせ、生き残ったやつを仲間にするというあのシーンから。

囚人たちの殺し合いが終わり数人が黒ひげの仲間になるも生き残ったダグラスバレットはじっと座っていました。
黒ひげは「あいつだけはやめとけ」といい黒ひげはインペルダウンを後にします。(白ひげの船に乗っていた時に出会っていたようです。)

その後バレットは脱獄。
政府はインペルダウンから逃亡した事実は隠していた様ですが、脱獄から2年の間に”祭り屋”ブエナ・フェスタと出会い、フェスタが見つけたロジャーのお宝を目玉に「海賊万博」を開こうと目論見ます。

そして場面は海賊万博に向かうルフィたちに。
ブエナ・フェスタから海賊万博の招待状と海賊万博が開かれるデルタ島へのエターナルポースが贈られウキウキの麦わらの一味。

海賊万博は数年に一度突然開催されるイベントで喧嘩、誘拐、強盗等なんでもありのお祭り。
海軍に情報を渡す以外はなんでもOK!というもの。

ルフィ達はメイン企画の「海賊王ロジャーの残した宝探し」という名目に興味津々です。
フェスタはロジャー時代に活躍していた海賊でしたが数年前に海王類に食われ、死んだという噂があったことをロビンは思い出します。

海賊万博に到着、ローVS警備隊長バギー?

デルタ島についた一味は買い物や食事を楽しみお祭り感を味わいます。

島の裏路地では傷だらけになっているローが。
そんなローを追い回すのは七武海の”千両道化のバギー”。

バギーは自分の部下の海賊達をこの島に派遣すると共に海賊万博の警備責任者を任されていると言います。
ローはバギーに追い詰められますが、通りがかった麦わらの一味のサニー号を見つけると能力でその場から姿を消します。(サニー号に潜り込みます)

そしていよいよメインイベント「ロジャーの宝探し」がスタート。

そしてデルタ島の中央にある海からは”突き上げる海流”ノックアップストリームが。
麦わらが空島に上がった時のアレですね。


引用:http://imgcc.naver.jp

突き上げられた海流の中心にはシャボンで包まれた別の島が。
この島にロジャーがこのデルタ島に隠した財宝が眠っているという。

実況はドナルド・モデラートと歌姫アン。
アンはビジョビジョの実の能力者で触れたものを一瞬ではありますが具現化(ビジョンとして)できる能力。

万博に続々と集まった海賊の中には超新星のキッド、ボニー、ベッジ、スクラッチメン・アプー、ホーキンス、ドレーク、ウルージ達が。
他にもワポルやフォクシー、バルトロメオやキャベンディッシュ、潜入していたルッチ、スモーカーなども。

超新星は我先にとノックアップストリームを登りながらお互いの船を攻撃し合います。
少し出遅れたサニー号はフランキーの秘密兵器”サニー号フライングモデル皇帝ペンギンVer”にフォームチェンジ。

クー・ド・バーストで一気に他の海賊団を抜き去りトップに躍り出ますが、中の部屋から突然ボロボロのローが現れ心配する一味。
この万博には陰謀がありそれを調査していたところバレットにやられ仲間は逃した所だったという。

傷を押してまで調査をつづけようとするローを心配し二手に別れる事に決め、チョッパー、ロビン、ブルック、サンジ、ローでシャークサブマージ3号に乗り込みフェスタのいる地下に潜り込みます。(ノックアップストリームから飛び降ります。)

頂上にある島に到着。しかしバレットが襲撃!

頂上にある島にたどり着いた一味。
それに続き他の海賊船も到着。
島の中央にある丘には金銀財宝に、怪しい宝箱を見つけます。

ルフィとゾロは島に降り、財宝に向かって走っていき他の海賊達も降り立ち超新星達と沢山の海賊達が乱戦。
キッドVSルフィ、ウルージVSルフィ、キラーVSゾロなど様々な夢の対決が。

しかし警備責任者である筈のバギーが他の者達を出し抜き怪しい宝箱を手に入れ島を脱出しようとします。
バギーは逃げながら箱の中身を見ると驚愕。

他の海賊達がバギーを追いかけ始めたその時、何者かが地上から島に攻撃。
島は破壊され島の海賊達はデルタ島の中央の海に叩きつけられます。

島は破壊されデルタ島の中央の海に小さな足場が出来ます。
能力者達はそれぞれ仲間に助けられなんとかセーフ。

ウソップはサニー号から飛び出してしまいますが運良く落ちた所に先ほどバギーが落とした宝箱を見つけ中を見ると驚愕。
しかし背後にバレットがおり、襲われてしまいます。

超新星VSバレット!ウソップは瀕死状態に。

ゾロに助けられたルフィは目覚めるとバレットにやられボロボロのウソップが。
何してんだあお前!」とルフィはバレットにすぐさま襲いかかりますがウソップを投げられ、弾き飛ばされます。

バレットは宝箱一つも守れないとウソップを無能扱い。
彼は幼少期の体験から仲間というものを作らず仲間など必要ないと考えの持ち主だそう。

そこに何とか無事に海に降りたサニー号やナミ、フランキーが。
ゾロはウソップをルフィに任せサニー号に乗り込み島を脱出する準備を始めます。

バレットと対峙する超新星の面々達。
ルフィ、キッド、キラー、ベッジ、ボニー、ウルージ、ドレーク、ホーキンス、アプーはいがみ合いながらもそれぞれバレットに攻撃を仕掛けます。

その頃フェスタを探すためにデルタ島の地下に突入したサンジ達。
そこでフェスタが電伝虫で何者かと喋っています。
その会話には「この島にバスターコールをかける」というセリフが。

驚いたサンジ達はルフィ達に知らせるため、地下を出ようとすると同じく地下に潜入していたスモーカーと対峙。
暗躍を疑われ戦闘に。

ローはロビンを連れてその場を離れます。
サンジ達は海軍であるスモーカーがバスターコールの準備をしているのでは?と思い問い詰めますがスモーカーも知らなかった様子。

「バスターコール」という言葉を聞きスモーカーはどこかへ飛んでいきます。
その頃島の地下を出ようとするローとロビンの前にクロコダイルが現れます。

クロコダイルは「作戦があるから付き合え」とローを誘いローはクロコダイルとどこかへ行ってしまいます。

ロビンとクロコダイルの再会シーンがありましたがあまり絡みはありませんでした。(笑)

宝箱には「ワンピース」が入っている⁉︎

バレットは超新星の面々を圧倒しますが徐々に超新星達が押し始めていきます。
しかしバレットはここでガシャガシャの能力を使用。

デルタ島に隠していた艦隊が姿を表し、バレットの能力で合体していきます。
ガシャガシャの実の能力は触れた物体を取り込み、合体できる能力。

ツイートの画像のこれですね。

バレットは島にあった宝箱を持ち、この箱には「ワンピース」が入っていると発言。
なんとその中身はワンピースが眠る島、ラフテルへと直結するエターナルポースだったのです!

ロボットの様に変形したバレットは超新星達を圧倒。
全員気絶したところでウソップが「寝てられねぇ」と起き上がり、攻撃を仕掛けますが何の意味も無くウソップはバレットにさらなる攻撃を受けてしまいます。

一方サニー号のナミやゾロ達は島の沖合にいる海軍艦隊を目の当たりに。
しかも大将藤虎が一番乗りで島に到着、ゾロと交戦に。
藤虎に続けと戦桃丸やパシフィスタ、コビー、ヘルメッポ、ヒナも上陸。

万博にいた海賊達はバレットや海軍が現れたことによりパニックになり逃亡しようとします。
海賊が逃げ惑う中フォクシーが一番乗りで大艦隊を進めようとすると船が真っ二つに!

ミホークとペローナが突然現れ驚くゾロ。
そこにルフィを心配して来たハンコック達も。

するとここでバレットが能力の”覚醒”で島中にある海賊の船や鉄などを取り込み超巨大化し大暴れ。
しかもただ巨大化したのではなく覇気を纏っての超巨大化。

フェスタは巨大化したバレットを遠くから見て、全世界の記者達に通信で戦争を仕掛けると宣言。
フェスタは世界中を巻き込んだロジャーの遺言に嫉妬して隠居しようとしていたのですがラフテルのエターナルポースを見つけ、バレットと組み世界中を巻き込む戦争を目論んでいたのでした。

地下にいたサンジ達は二手に別れチョッパー、ブルックはサニー号に。
サンジとロビンはデルタ島から脱出の為にデルタ島の海図を探します。

チョッパーとブルックがサニー号目指して走っているとボロボロになりながらルフィを抱えてるウソップが。
バレットにやられながらも傷ついたルフィをなんとか助けようとしていたのですね。

チョッパーとブルックは二人を抱えてサニー号を目指して走っているとルフィが目覚め、事の顛末を聞きます。
ウソップに悔しい思いを聞いたルフィは再び立ち上がりバレットに挑むことに。

Sponsored Link

最終決戦!バスターコールが迫る中サボ達が共闘!

その頃海軍本部ではバレットを取りおさえる為デルタ島にバスターコールをかける旨とバレットの概要を説明。
かつてガープとセンゴクがバレットのいる島にバスターコールをかけ、バレットを撃破・投獄していたのでした。

バレットはかつて孤独に海を渡っていましたが、ロジャーに挑み連敗。
ロジャーは何度も挑んでくるバレットを仲間として受け入れ彼を受け止めていました。

とうとう元帥赤犬の命によりバスターコールがかけられる事に。
バスターコールの報せを聞き退散する海軍。
藤虎やヒナ達も退散する中スモーカーは一人島に残りバレットに挑む事に。

そこにフェスタの調査に来ていたサボが現れまたいがみ合いながらも共闘する事に。
さらにロー、ハンコック、バギーも現れローが能力で隙を作るからその間に攻撃を叩き込んでほしいという。

クロコダイル、ルッチも近くに忍んでいましたがエターナルポース狙いで静観中。

そんな5人(ロー、サボ、スモーカー、ハンコック、バギー)の前にバレットにやられて吹き飛ばされたルフィが。
作戦の内容を聞かずして「この面子でやるんだろ?だったら絶対大丈夫だ!」と不安もなく単身突っ込みますがまたも返り討ち。
ここでルフィはパワーが足りないと気づきひたすら右腕の筋肉風船を膨らます事に。

スモーカー、サボ、ハンコックで攻撃。
バレットを変形させた隙にローが能力でガレキを混ぜ込み右腕を切断。

そこにルフィが巨大化した右腕でゴムゴムのキングキング・キングコングガンをお見舞い。
バレットは残った左腕も破壊され巨大化が解除。
艦隊を飲み込んだ状態の中型バレットに戻りますがここでウソップの罠が発動。

衝撃を起こすとツルが伸びるタネを仕掛けていたのです。
ウソップの罠で取り込んでいた艦隊もやられいよいよ本体がむき出しになったバレット。

エターナルポースを狙いルッチとクロコダイルが動きますがゾロとサンジが「船長の邪魔すんじゃねえよ!」と止めに入ります。

生身でルフィと対峙し、お互い一歩も引かぬ拳のぶつけ合いに。
しかしルフィの「この海に一人のやつなんていねえ!」というセリフにロジャーを思い出し動揺するバレット。

一瞬の隙が生じ攻撃を叩き込むルフィ。
ルフィはようやくバレットを撃破し、エターナルポースを手にします。

バレット撃破!海軍からの逃亡と感動のラスト。

他の者も狙いに来ますがルフィはすぐにラフテルへのエターナルポースを破壊。
海賊王への近道なんかいらねえ!ということですね。

絶望したフェスタもサボに見つかり連行。
ルフィ達も急いで船に戻り島から逃亡することに。

バスターコールはなんとか中止がかかったものの迫り来る海軍。
すると海に炎の通り道が。

ビジョビジョの能力でエースが一瞬現れサボと一緒に海賊達の逃げ道を作りルフィ達は無事逃げられたのでした。
クライマックスはサボとエースの夢の共演です。

その後EDの後に一瞬ロジャーの回想が。
ラフテルに行った後船員が二度と行けなくなったら困るとラフテルのログを記録していましたがこんな物いらねえ!とロジャーは海に投げ捨ててしまいます。

ロジャー曰く「早すぎたんだ俺達は…」というセリフで映画は締めくくられ投げ捨てたエターナルポースは海中の海王類が飲み込んでしまいます。

この海王類に飲み込まれたフェスタがこれを見つけ海賊万博を開く事になったという訳ですね。
ちなみに超新星の面々は途中退場したもののラストにはシレッと逃げていました。

FODではこれまでの劇場版全作やアニメの見逃し配信も見放題となっています!

STAMPEDEの鑑賞後の感想、考察

というわけで長々とあらすじを書きましたが思ったより長くなってしまったのと、もっと色々イベントもあったのですが…。

ここで補完と感想を書かせてください。

ミホークとゾロの擬似的な共闘が熱い!

途中藤虎が退散するときに隕石を降らして退散。

ゾロはなんとかピーカを切った時の様に”一大・三千・大千・世界”で隕石を両断しますが隕石は二つになっただけ。(笑)

しかしミホークが隕石をバラバラにし、ゾロと言葉を交わすこともなくペローナと退散。
正直何をしに来たのかイマイチよくわかりませんでしたが隕石叩き斬るシーンがかっこよかったので満足です!

他にも超新星達がうまく噛み合わないけど共闘したり最終決戦のサボ・スモーカーの煙と炎の共闘だったりと胸踊る数々の共闘シーンがすごく感動します。

ラストの一瞬復活するエースとサボのシーンなんかもうジーンと来ます。
序盤の超新星が続々とノックアップストリームを登るシーンでも軽くジーンと来ていましたが…。(笑)

ちなみにバルトロメオとキャベンディッシュは参戦しましたが特に活躍のシーンはありませんでした。
残念!(笑)

バレットの懸賞金は11億4000万!

予告編か何かのシーンですでにバレットの懸賞金が11億4000万とわかっていた様ですね。

バギー曰くロジャー海賊船時代もレイリーと肩を並べるほど強かったとか。
シャンクスも当時敵わなかったそうです。

ちなみにバギーはバレットを見て一目散に逃げ出しますが結局巻き込まれる形で戦う事になっていました(笑)。
というかほぼ逃げていましたが…。

バレットは当時連敗したロジャーに挑戦者として船に乗り込んでいます。
エースが白ひげの船に乗り込んだ時の感じですね。

しかしその後ロジャーの船から降り捕まった後も鍛錬を続け、強くなった様です。
強さ的には明らかに11億どころではなかった気もしますが捕まった20年前以上の懸賞金なので当然ですね。

もちろん当然の様に覇王色を持っておりルフィの覇王色とぶつかるシーンもありました。

ちなみにバレットが脱獄した事を政府は公表していない様でしたが、黒ひげの仲間達以外のLEVEL6の囚人達が逃げた事をまだ公表していないのでしょうか?
絶対バレるって…。(笑)

Sponsored Link

ラフテルのエターナルポースは本物か?ロジャーの回想シーンの意味は

結局ラフテルのエターナルポースが本物だったかはルフィが破壊してしまったためわかりませんでした。

そもそもエターナルポース一つでたどり着ける場所なのかもわかりませんが回想シーンの内容から船員がラフテルのエターナルポースを保存してしまったのは真実の様です。

海軍やルッチ達も把握していたので本物だったのでしょう。
それにラストのロジャーの「早すぎたんだ俺達は…」というセリフも気になります。

ラフテルでロジャー達は何を見たのでしょうか。
ルフィがエターナルポースを迷わず壊すシーンもよかったですね。

映画中ずっとこのエターナルポースどうするんだろうと思って見てましたがまさか壊すとは。
しかしナミが一瞬怒ったくらいでウソップ含め一味はまあいいかくらいに捉えていてそれもよかったですね。

よく考えたらルフィがそれ使ってラフテルの近道だ!ってなるはずありませんもんね。
特典の壱萬八拾九巻には尾田先生自らこのシーンを提案していた様で「ロジャーの目的は冒険にこそあるのにそれがわからなかった2人の怪物の物語がスタンピードかな」と描かれていました。

ロジャーの意図というか意志をルフィは無意識に汲み取っていたのですね。

しかしロジャーが海に捨ててそれを海王類が飲み込んで、フェスタが偶然その海王類に飲み込まれて見つけるってすごい偶然ですね。

フェスタは結局革命軍に連行されてましたけどどこに連れて行かれるんですかね…?
バレットは海軍に捕縛された様です。

まとめ:アニメ20周年のお祭り映画!最高傑作との呼び声

ワンピーススタンピードの感想やあらすじを書いてきました。

感想などもまだまだ語り足りない所があったのですが割愛。
ウソップがルフィを運んでるシーンで初期EDのmemorizeのアレンジVerが流れたり、バレットにラッシュするシーンでウィーアー流れたりBGMも最高でした。
EDのWANIMAもよかったです。

麦わらの一味は今までの映画に比べると活躍シーンも少なかったかもしれませんが要所、要所でそれぞれいいシーンがあり代わりに超新星などの沢山のキャラクターの活躍シーンもありよかったです。

正直ストーリーの流れとしては一回やられて仕切り直してリベンジといういつものワンピース映画でしたが、しっかり宝がワンピースに関連するものだったり、それぞれキャラクターが活躍したり、そことそこが会うんだ!という感動があったり、とシンプルなストーリーながらもわかりやすく見やすかったです。

個人的には「Z」がこれまでのOP映画で一番好きだったのですがそれに並ぶか超えるくらいの最高傑作だと思います!
アニメ20周年だからできるお祭り映画でこれを超える作品はなかなか難しいかなと思います。

尾田先生もガッツリではないにせよ、関わっている様でコアなファンもそこそこ知ってるくらいの人も楽しめるいい映画でした。
原作との整合性はもちろんありませんがお約束ですよね。

他にもはっちゃんが出て来たりパンダマンが至る所にいたりと隠しキャラもたくさんいたので何回見ても発見がありそうです。

ゲスト声優のユースケさん、指原さん、山里さんも全然気にならないくらいお上手で全く気になりませんでした。
他にもフィッシャーズなどいた様ですが全く気になりません。

こんな最高のお祭り映画を作ってくれてありがとう!と言いたいです。
最高のOP映画でした。

何か気になる所や映画の感想などありましたらぜひコメントしてください!
最後まで読んでいただきありがとうございました。

見てない方、迷っている方はぜひ劇場へ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です