Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ワンピースネタバレ フランキー将軍の強さ。ロボの技。VSフクロウ戦のコーラは。

今回はフランキーの強さや悪魔の実を食べるのか?の考察や、名勝負やわざの紹介。

フランキー将軍の強さとフランキーVSフクロウ戦やフランキーVSピンク戦や、クー・ド・ヴァン、ストロングハンマーなど魅力的かつ多彩な技も紹介していきたいと思います。

麦わらの一味の数字の法則の考察も。

コーラだけで強すぎる?フランキー将軍の強さ

まずはフランキーの強さについて。

フランキーの現在麦わらの一味の懸賞金ランキングではジンベエを入れて7番目と低い方で金額は9千400万とあと一息で1億に届くといった具合ですが、強さはどのくらいでしょうか?

麦わらの一味は長らくルフィ、ゾロ、サンジの三強でしたが現在はルフィ、ゾロ、ジンベエかな?

サンジはそもそも強いところを近年見せてないと思うので下手したらフランキーの方が強いですかね?
とはいってもフランキーは覇気を使わないのでまだサンジの方が強いか。

でもベガパンクの技術とフランキー将軍はかなり強いですよね。
フランキーのパシフィスタと同じレーザーも出せてドフラミンゴの部下のベビー5とバッファローを圧倒する強さ。
毒ガスに塗れた環境下でも使えるなどの点からも一味でも少なくともルフィ、ジンベエ、ゾロ、サンジの次には強いと思うので強さ的には5番手ってとこですかね。

覇気を使えないメンバーの中では1番強いのは明確ですかね。
でも一味の面々は2年の修行でかなり強くなったのであまり大きな実力差も無いとは思いますが。

フランキー将軍にはチョッパーの因縁の敵だったワポルが生み出したワポメタルを使っているらしいですがいつかワポルと会うことあるのかな?

今後プルトンやベガパンクはいかにしてフランキーと関わってくるのでしょうか。

ロボ路線で行く?悪魔の実を食べる?数字の法則から。

フランキーはこのまま将軍と己の科学力でどんどん突き進んで行くと思いますが、昔から麦わらの一味には有名な噂があります。

ワンピースの数字の法則
知ってる方も多いと思いますがSBSにも乗った能力者の数字の法則。
ルフィのゴムゴム(5.6.5.6)、チョッパーのヒトヒト(1.10.1.10)、ロビンのハナハナ(8.7.8.7)、ブルックのヨミヨミ(4.3.4.3)と実の名前を数字にすると2と9以外の数字が当てはまり、次の仲間は2と9の語呂がつく能力を持った人物を仲間にするというもの。

2と9といえばニキュニキュ(2.9.2.9)の実の能力者のくまは仲間になるんですか?という質問がありました。

59巻のSBSで尾田先生はこの質問をされて驚いた!でもどういう意味で驚いたかはノーコメント!と回答したことで謎は深まりました。
くまはシャボンディでサニー号を2年間守り続けてくれた麦わらの一味にとっては大恩人ですが、仲間にはならなそうですよね。

そこでくまが死んだ後にフランキーがニキュニキュの実を食べるんじゃないか?という説が出てきました。
麦わらの一味が”偉大なる航路”に入ってからの仲間はチョッパー、ロビン、ブルックとフランキー以外は能力者なんですよね。
ジンベエが正式加入したらこの法則も崩れますが。

ドレスローザでメラメラの実を食べないか?とルフィに提案されましたがその時は明確に断っていました。
というか体をサイボーグに改造したフランキーは悪魔の実と相性悪いように思いますよね。

あとは錦えもんがフクフクの実(2.9.2.9)の能力者なので錦えもんが仲間になるのでは?と言われてます。

ちなみに56+110+87+43+29=325(サニー号)になるというのもあります。
尾田先生はこういう細部のこだわりも強いと思うので偶然ではなくちゃんと決めてそうです。

こちらの記事ではフランキーの声優さんやあのポーズや名言をまとめています。

フランキーの名勝負選 技も紹介

次はフランキーの名勝負をご紹介。

42巻のフランキーVSフクロウ戦。

CP9のフクロウとフランキーの戦い。

コーラを補給しようと給仕室に向かうフランキーを邪魔するように現れたフクロウとそのまま戦いになり、フランキーの強さが見事にわかるこの戦い。

この戦いはフランキーは相手の攻撃を避けずに受けて、技の押収になる戦いを繰り広げています。
途中でチョッパーとクマドリが乱入してきてお茶や野菜ジュースを腹に格納すると性格や髪型が変わるという面白特技が判明したり、”フランキーデストロイ砲”が炸裂したり、小学生同士みたいな言い合いに発展したりとギャグパートもあり男気もあってフランキーの良さが出てると思います。

コーラを手に入れた途端急にめっちゃ強くなって形成逆転できたかと思いきや一緒に海に落ちて月歩が使えるフクロウはそのまま近くにあった滝に落ちても大丈夫。
フランキーは空は飛べないし息もできないという絶体絶命。

そのままバタフライで泳ぎ岸に上がろうとしますが、フクロウに邪魔され再びピンチ。
もう一度風来噴射”クー・ド・ブー”で岸に上がろうとしますがこれまた邪魔され滝壺に叩き落とされそうになりますが、
機転を効かせて足を掴みそのまま岸に戻ろうとした時にフクロウが回転してフランキーを塔にぶつけようとして猛回転。
その回転を抑えて隙を作り風来砲”クー・ド・ヴァン”で地面にめり込ませ無事撃破。

その後もフランキーはチョッパーの暴走も止め、ロビンを助けるなどの活躍も見せました。

77巻のフランキーVSピンク戦。

次は77巻のドフラミンゴの部下のセニョール・ピンク戦。
まさにダンディな男対決なのに出てくる技がニップルライトスペシャルとかオムツ爆弾とかふざけた名前っていう(笑)。

2人の技名と格好以外は完璧なんですが、戦いの最後にはセニョール・ピンクがなんであんな赤ちゃんみたいな格好してるのが回想でわかる演出がいいんですよね。

ピンクには昔ルシアンとギムレットという妻と子供がいることが明かされました。
ですがピンクは海賊をやっていることは海賊嫌いのルシアンには隠して仕事は銀行員と嘘をついていました。
結婚してギムレットという子供も生まれ幸せに過ごしていましたがある日ギムレットが熱で死んでしまいます。

この時にルシアンはピンクに連絡を取ろうとしますが当然銀行では働いていないので連絡を取れず嘘がバレてしまいます。
そのまま家を出たルシアンは事故に遭い意識がない植物状態に。

セニョール・ピンクはなぜあんな格好なのか

ピンクは自分の嘘を心底悔やみもう一度ルシアンに笑って欲しくて色々な手を試しますが効果なし。
そんな時ギムレットのボンネットをつけた所ルシアンに少しだけ笑顔が。
それ以降ピンクはギムレットの服を身につけ生活するようになります。

周りからは笑われ、心が壊れたと言われ、変態と罵られ、仲間にも嘲笑されますがピンクは気にせず、この服を着てる時だけはルシアンが笑ってくれることが嬉しくて赤ちゃんの格好をし続けます。
ピンクのセリフから察するにルシアンも死んでしまったようですが…。

 

ギムレットとルシアンを思い出してフランキーにやられた後涙を流しました。
それをみたフランキーの『みっともねえな… 一体何を思い出して泣いてんだよ兄弟』
『いつかまたどこかで会ったら酒飲みながら…話してくれよ”ルシアン”って…女の話』というセリフがまたかっこいいです。

この回想で気になるのがディアマンテやトレーボルがピンクを笑っています。
事情は知らないかもしれないけどピーカの高い声を笑った奴はドフラミンゴが殺すほど怒るのに…。

たとえ事情を知らなくても赤ちゃんの格好してても笑うとは本当に仲間か!と言いたくなります。
まあピンクは一切気にしてなくてそれも格好いいんですけどね。

ピンクのスイスイの能力を使って相手を掴み、タワーに登り飛んで落とす”ニャンニャンスープレックス ベビーバスター”の威力は凄いですね。
フランキーの弱点である背中を見抜き叩き落とす。
フランキーは耐えましたけど体から”ギギギギ”と変な音出して眼もターミネーターみたいになってました。
耐え切ってから叩き込んだ”フランキーアイアンBOXING”がシンプルだけど強い!

個人的に結構好きな戦いの一つです。

強力なフランキーの技の数々!

フランキーの代名詞的技で言えばやっぱりこの技ですよね。

”風来砲(クー・ド・ヴァン)”

両腕にパイプを接続して腕に貯めた空気を一気に打ち出す技。
ただの空気砲と侮るなかれ、その威力は凄い事になってます。
新世界編では片手で打てるようになっており威力も上がっています。

風来バースト(クー・ド・バースト)”というこの技の技術をサニー号にも使い、船ごと飛ばす事にも成功するなど大活躍。
サニー号には攻撃用の前から出す”ガオン砲”という技も。

派生したおならで空飛ぶ”風来噴射(クー・ド・ブー)”や、フランキー将軍時の陸版ガオン砲こと超強力な”将軍砲(ジェネラル・キャノン)”も。

”ストロングハンマー”

鋼鉄の右拳で思い切り殴る!というシンプルだけど強力な技。
フクロウを吹き飛ばしたり、足が前に出る不思議なケンタウロス形態で固定して思い切り殴る”アルティメットハンマー”や、
鎖で繋がった鉄の拳をロケットパンチの様に打ち出す”ストロング・右(ライト)”も。
伸ばした腕で掴んだままにできたり結構便利です。

”フランキーBOXING(ボクシング)”

こちらもシンプルに単に両拳で殴りまくる技ですが、鉄の拳が重い技。

新世界編に入ってからさらに強化されたセニョール・ピンクに繰り出した”フランキーアイアンBOXING”もあります。

”ウエポンズ・左(レフト)”

右腕が鉄の拳なら左腕は大砲!
手のひらがスコープになります。

拳をちょっとずらして銃弾を撃ち出す”ビーンズ左(レフト)”もあり新世界編ではこのビーンズレフトがウエポンズレフトになってます。

”フランキーデストロイ砲”

肩がせり上がり、肩から球を打ち出す技。
肩が脱臼するのがたまに傷でフランキーは脱臼するので使いたがらないという弱点が。

追跡砲弾とは名ばかりで自分で追いかける間抜けな画が面白いです。(笑)
新世界編では”フランキー大砲(キャノン)”になっており大きくなった肩が脱臼しなくなり改良に成功。

他にも色んな技がありますが主な技はこんな感じですね。
単純な殴るだけのストロングハンマーが凄い威力で好きです。
最近使いませんが…。

まとめ

今回はフランキーの強さや悪魔の実を食べるのか?などの考察やフランキーの名勝負選、技をまとめてみました。

昔から有名だった麦わらの一味の数字の法則が解明される時が楽しみですね。
一味に能力者が今後増えるんですかね?これから仲間は増えなさそうなのでやっぱり一味の誰かが能力者になるんでしょうか。
想像できないですね。

ワンピースのバトルの中でもまあまあフランキーVSセニョール・ピンクが好きです。
最後の回想がワンピースの中で珍しい純愛で悲しい話だったので印象に残っています。

今後もフランキーの戦いが楽しみです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です