Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ワンピースネタバレ949話最新話ルフィが命がけで囚人達を説得!兎丼の侍達は…

ワンピース最新話948話(7/22発売のジャンプ掲載)の確定ネタバレやあらすじ、考察や感想を書いていきます。

949話”ミイラ”ではエキサイト弾に撃たれた囚人達がルフィ達に襲いかかるがルフィは命がけで止め…
ババヌキの撃破やキッドとキラーの思うところとは…。

2週連続巻頭カラーですよ!

ワンピース最新話949話”ミイラ”の確定ネタバレ、あらすじ

ワンピース949話のあらすじとネタバレを書いていきます。
今回は巻頭カラーなのでベッジ達は描かれませんでしたね。

その代わり来週も巻頭カラーで繋がる表紙になるとのこと。
楽しみですが尾田先生が心配。
休んでいたから2週連続巻頭カラーでも大丈夫なのでしょうか。

ルフィ達は兎丼の看守達と戦うが…キッドは鍵を渡され…

ルフィ達を討ち取るべく兎丼の囚人達はルフィ、チョッパー、お菊、雷ぞう、ヒョウじい、河松の6人に襲いかかり、部下達は6人に”疫災”エキサイト弾を撃ちますが当たりません

サソリのギフターズのダイフゴーは「誰でもいい!」と囚人達にエキサイト弾を撃ちまくります。

どんどん狙撃される囚人達。
ルフィとチョッパーはウイルスを撃ち込む看守達を攻撃。

ヒョウじい、お菊、河松もどんどん反撃していきます。
雷ぞうは反撃しながら縛られているキッドに「ルフィの友人殿使え!」と鍵を渡します。

キッドとキラーは戦うルフィ達を見ながらじっと何かを考えている様子。

キッドはただ黙って何を思っているのでしょう。
不甲斐なく捕まり助けられた自分たちを責めているのか。

戦う姿勢をやめないルフィを見てるのか。
キラーがこんな事になってしまったり、捕まって助けられたり、状況が整理できずまだ混乱しているのでしょうか。

Sponsored Link

エキサイト弾を食らった囚人達はミイラと化す

エキサイト弾を食らった囚人達にはドクロのマークが着き、苦しみ、熱がります。

ダイフゴー曰くこの伝染病は打たれた箇所から高熱が広がり、焼ける様な痛みが全身を駆け巡り血液が吹き出させる症状を引き起こすとのこと。
苦しみのあまり、のたうち回りその苦しみを人に伝染させる通称”ミイラ”!

感染者達はまるで干からび腐った植物の様になりこのウイルスはクイーンの傑作の一つだそう。
ババヌキに恫喝され他の囚人達もルフィ達を囲む様にして襲おうとします。

「傑作の一つ」って事はまだまだあるのでしょうか。
ここでワクチンとかを開発しても決戦でまた別のクイーンの疫病が使われるのかと思うとキツイですね。

結局兎丼の囚人達も敵になってしまいます。
感染した囚人達は悲痛の声を上げ始めます。

「出て行ってくれ、お前達が来なきゃこんな事にはならなかったんだ
あんたらが本当に20年前に死んだ筈の赤鞘の侍達だったとしてもカイドウや百獣海賊団には誰も敵わない。」

「カイドウの部下の武器一つでこの脅威と絶望感。
ヨソ者であるお前が来なきゃただ”日常”が続いたのに」と。

ルフィはこの言葉にムカッとし感染者の体を触って全身に感染が回るまま全員を両手で抑え、止まれお前らー!と叫びます。

マゼランにやられて以来毒には耐性があったルフィでもしっかり感染していますね。
ウイルスなので感染してしまうのでしょう。

ここでルフィが食らうってことは決戦でクイーンに新たなウイルスに使われた場合また食らうってことなのかここでチョッパーの力を借りて治した結果、疫病にも耐性がつくという事になるのでしょうか。

囚人達は敵になるがルフィは命がけで止める。

ルフィは全身に感染が回りながらも「こんなもん全然効かねェ!俺の知ってる”侍達”はみんな強ェのにお前ら心の中までバキバキに折られやがって!」

何が”日常”だ!言いなりに動いてだんご貰って生かして貰ってんのが日常⁉︎
目ェ覚ませ!お前らただの奴隷だ!
と抑えてた囚人達を投げ飛ばします。

光月家を慕っていたのにカイドウに捕まりダンゴを貰って抑圧されてた日々がいつしか日常になってしまっていた囚人達はルフィに投げられかなり響いた様です。
ルフィの知る錦えもんやモモの助という強い”侍”を見てきたからこそ言えるセリフですね。

その頃入り口からお玉とモモの助が入ってきてルフィを見つけますが顔色を悪くしてるルフィを心配します。

ルフィは続けてヨソ者がこの国守っちゃいけねェのか⁉︎と。
約束したんだ!自分の飯を俺にくれた”お玉”という友達とここを腹一杯飯の食える国にしてやるって!という話を聞いて遠くにいたお玉はルフィのあの時の言葉を思い出し感動します。


引用:http://gno.blog.jp/izumi/33709436.html

それができなきゃここはずっと地獄。
おでんの話も聞いたあいつはすげえ!
でも20年前おでんがカイドウに殺された日以来この国は止まったんだろ⁉︎

おれ達はカイドウに勝ちに来たんだ!
それを味方に邪魔される筋合いはねェ!だから今ここで決めろ!

おれ達につくか…カイドウにつくか!と聞くと囚人達はまだ俺たちにチャンスをくれるのか…と感動します。

ヒョウじいがルフィの心を掴む掌握力に驚いていると状況を見たババヌキが動き出します。

ルフィが一飯の義理を忘れずにお玉との約束をしっかりと叶えようとしていましたね。
ちょうど今週のアニメではお玉がルフィにお米を炊いているところやエースがワノ国に来た回でした。
エースの代わりにワノ国をルフィは変えられるのか!
見逃し配信はFODで見れます。

ババヌキ撃破!兎丼の制圧完了!

ババヌキはエキサイト弾200発分のウイルスが入った”疫災散弾”エキサイトショットを腹の象に充填します。

河松がババヌキが動き出そうとしているのをまずいぞ!と焦るとルフィがいつの間にかババヌキの近くにおり象の鼻を結んでいました

ちょっとやべェ未来見えたから…」と呟くと象はそのままくしゃみしてババヌキは自爆
河松はルフィになんと頼れる男…!と驚きます。

倒れる直前ルフィはダイフゴーを指差し「あと頼む
そう言うと囚人達は一斉にダイフゴーに襲いかかります。

ダイフゴーは慌てて「おい待て、てめえら思い出せ!看守に楯突いた場合…」と脅しますが「知ってるよ、俺たちは反逆する事にした!」とルフィに着くことを決めたのでした。

ヒョウじいは改めてルフィを評価し錦えもんに感謝します。
決戦8日前敵本陣にバレることなく兎丼の制圧に完了。

ここで決戦までの正確な日時がわかりましたね。

ルフィの見聞色がちゃんと役に立っていてこれで武装色も強くなればやはり相当強くなりますね。
兎丼の制圧完了した所で949話は終了。

Sponsored Link

ワンピース949話の感想と考察、950話の展開は?

それでは949話の感想や考察を書いていきます。
今後の予想なども。

ルフィの強い言葉と男気が炸裂。エキサイト弾の影響は?

今週はルフィの男気と俺たちはカイドウを倒しに来たんだというセリフがかっこよかったですね。
奴隷の様な日々が日常になっていた侍達はルフィに諭され強い心を取り戻したのでしょうか。

最後のババヌキをサッと倒した所や「あと頼む」ってセリフもいいですが今後チョッパーに活躍してもらわなきゃいけなくなりましたね。

逆に言うとルフィがかかった事により治ることが確定したとも言えますが。(笑)
上でも書きましたが今後決戦でこのミイラより強力なウイルスなどが出てくるのでしょうし、左腕の義手からとんでもない細菌兵器やら持ち出されたらたまったもんじゃないですね。

これでルフィが疫病を克服するのか、違う誰かが新たなウイルスにかかってしまうのかが気になりますね。
苦しみ痛む以上の怖い兵器が出てくるのか…。

助けられるキッドは何を思う?

キッドは雷ぞうに鍵を渡され何か思うところありといった表情をしていましたね。

ルフィの友人と言われて別に友達じゃねえしとか思っていたんでしょうか。(笑)
そのあと更にルフィの周りの人間を掌握する正に王になる男の覚悟を目の当たりにした訳ですが何を思うでしょうか。

自分が捕まってしまい情けないと思いながらもルフィに一時的に協力するのか。
キッド海賊団の残りの船員達の所在も気になる所ですがキッドとキラーの今後も非常に気になりますね。

ここからルフィと同じく覇王色を持つ超新星として肩を張るくらい頑張って欲しいですが…。
キラーのSMILEの副作用も治るのかも注目ですね。

もしキラーが治らなかったらおトコちゃんやえびす町の住人も治らないと言うことなのでちょっと後味悪くなる気もしますね。

平和になったワノ国なら笑いが絶えない素敵な村になるのですが…

949話のまとめ

ワンピース949話のあらすじや感想をまとめました。

次回はさすがに兎丼から場面変わってアシュラと錦えもん、イヌアラシの3人か花の都で暴れる麦わらの一味が見たいですね。

しばらく兎丼で進みっぱなしなのでそろそろ花の都がどうなっているのか気になりますが。
STAMPEDEの公開も楽しみです。

U-NEXTでは最新話の見逃し配信は見れませんが過去のシリーズや劇場版全作品は観ることが出来ます。
無料でもらえる600Pでカラー版コミックスなども!

U-NEXT公式サイト

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です