Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ワンピースネタバレ フランキーの仲間になる前の過去とプルトン。本名や親は?

今回は麦わらの一味の仲間、船大工の鉄人”サイボーグ”フランキーの初登場や本名およびフルネームと仲間になる前の過去、未登場の海賊の親。

フランキーが隠し持っていたプルトンの設計図や居場所の考察。
ベガパンクとの関係、フランキーラディカルビームはベガパンクの技術なのか?などについて。

フランキーのウォーターセブン編の初登場と本名、フルネーム

フランキーの初登場は35巻の329話です。

初登場時は解体屋フランキー一家を率いており、ウソップから2億ベリーの大金を奪いそれがきっかけでウソップが一味から一時離脱するほどの事態になり最初の印象は最悪でした。

その後ウォーターセブンでロビンと一緒にCP9に捕まりエニエスロビー編では麦わらの一味と一緒にCP9と戦い見事ロビンの救出に成功しましたが一味と一緒に賞金首に。
サニー号もアイスバーグやガレーラカンパニーの協力を受けて無事完成し、一味を送り出そうとしましたがフランキー一家の子分に背中を押され、ルフィの勧誘を受けて仲間になりました。

懸賞金はドレスローザ編のあとで9千400万ベリー。
年齢は新世界編で36歳。
ブルック、ロビンと年上組を自称していてフランキー一家を率いた兄貴肌は今も健在です。

フランキーの本名、フルネームはカティ・フラム。
なぜフランキーと名乗らねばならなくなったかは次のフランキーの過去を踏まえた上で。

仲間になる前の過去。フランキーの親は海賊?

フランキーがなぜカティ・フラムという本名からフランキーと名乗らざるを得なくなったのか。

それにはフランキーの大恩人であるトムさんと古代兵器プルトンが大きく関わっています。

26年前のフランキー当時10歳:フランキーはウォーターセブンの港で捨てられていたところをトムさんに拾われます。

トムさんとはコンゴウフグの魚人で造船会社トムズワーカーズの社長であり海賊王ゴールドロジャーの船、オーロ・ジャクソン号を作った張本人でもあります。
この伝説の大工トムさんにフランキーは海賊の親に捨てられ、ガラクタから大砲を作っていた所を拾ってもらい優秀な船大工への道を進みます。

フランキーの親は?というかワンピース世界の親って

このフランキーの親はフランキーが手に負えず捨てたとのことで正体はわかりません。
出身は南の海で物心着く前にリヴァース・マウンテンを超えたとのこと。
そもそもワンピースの登場人物や麦わらの一味の船員は親があんまり描かれずフランキー、ナミ、チョッパー、ゾロ、ブルックは実の親の情報が全然ありませんし今後も登場する気配はなさそうです。

フランキーは一応海賊の親の血を引いてることもあり麦わらの一味に入りましたが親の海賊は出てきませんかね。
今更大物海賊だった!ってならなそうですよね。
サンジみたいな後から家族が明らかになるのだったらもう少し伏線張っててもおかしくないですし。

尾田先生はSBSでなぜワンピースの登場人物の中で母親が不明だったり、死亡していたりする人物が妙に多いのはなぜですか?という質問に冒険の対義語が母だからと答えています。
こういった尾田先生のポリシーに近いものがフランキーの親然り登場人物の母がわからないのもあるんですかね。
フランキーの場合は両親わかりませんが。

24年前のフランキー12歳:話は戻りますがトムさんに拾ってもらいガラクタが多くある廃船島で自分の戦艦バトルフランキー号を作り重ね、この時期に兄弟子であるアイスバーグにフランキーとあだ名で呼ばれるようになります。
そんなある日恩人であるトムさんにゴールドロジャーの船を造船した罪で死刑宣告が。

14年前のフランキー22歳:ですがトムさんは他の島との交易もままならないウォーターセブンを救うために他の島と繋ぐ海列車の開発期間の10年を執行猶予で貰い、フランキー、アイスバーグと3人で海列車を無事完成させます。
海列車開発の合間にもフランキーはバトルフランキー号の開発を続けますが…。

10年前のフランキー26歳:海列車を完成させその後4年で他の通路も開通させ死刑は免れたと思ったのもつかの間。
政府の諜報機関に古代兵器プルトンの設計図をトムさんが隠し持っているのを突き止められてしまいます。
トムさんは自分が狙われていることを感じて弟子であるアイスバーグにプルトンの設計図を託します。

このプルトンの設計図を狙った政府に廃船島にあったバトルフランキー号を悪用されてしまいその影響でトムさんはエニエスロビーに連れて行かれ処刑されます。
トムさんの連行する海列車を止めようとしてフランキーことカティ・フラムは公には死にました。
実際には生き延びて近くにあった配線にあった鉄くずなどを体に組み込んでサイボーグとなった訳ですが。

6年前のフランキー30歳:そこから更に4年経ってウォーターセブンに帰還したフランキーはアイスバーグからプルトンの設計図を受け取りカティ・フラムはそのまま死んだことにしてフランキーと名前を変えて町のゴロツキたちをまとめ解体屋フランキー一家を作り上げていきます。
こうしてアイスバーグとフランキーはウォーターセブンを裏と表から支え上げていきます。

そして2年前に麦わらの一味がウォーターセブンに来て…といった感じな訳ですがフランキーと名前を変えたのはトムさんを処刑するように陰謀を企てたCP5の当時の長官スパンダムを殴った罪とプルトンの設計図を持っていることを隠すためだったんですね。

ではこのプルトンとフランキーはどの様に関わっていくんでしょうか。

Sponsored Link

 

 

プルトンの居場所と設計図は。

次はフランキーとプルトンの設計図について考察してみたいと思います。

元々古代兵器プルトンはウォーターセブンで作られた史上最悪の戦艦で一発放てば島一つ消し飛ばせる威力をもつと言われる代物です。

そのプルトンを狙ってクロコダイルはプルトンが眠っていると言われるアラバスタを乗っ取ろうと画策した訳ですが当時のウォーターセブンの造船技師がプルトンが悪用された時の為に抵抗勢力が必要だと考え設計図を残し代々ウォーターセブンの造船技師に受け継がれていきました。

プルトンの設計図を受け取ったフランキーは

その設計図をトムさんが受け継ぎアイスバーグからフランキーに渡りましたが燃やしてしまいます。

トムさんが設計図が必要と思っていたのはプルトンをオハラの生き残りであるロビンがプルトンを復活させる可能性があったからです。
トムさんはやばくなったら捨ててもいいと口では言っていましたが。

結局フランキーはロビンと麦わらの一味を目の当たりにしてプルトンを復活、もしくは悪用することはないと判断し設計図を燃やしてしまいました。

これによってプルトンが今後作られることはまあ恐らく無くなった訳ですが、フランキーが自分の体の中に隠し持っていて4年間肌身離さず持っていたということはもう図面を覚えてるんじゃないの?とも思いますがフランキーのことだから覚えてないか。

プルトンは結局アラバスタに眠ってるんですかね?
なんでアラバスタにあるのか?と作られたのが何百年前かもわからないんですが。

フランキーのレーザーはベガパンクの技術?

そしてワンピース世界で世界一の科学力を持つDr.ベガパンクの出身である国、未来国バルジモアに飛ばされ自分の体にベガパンクの科学力を搭載し新世界編に臨んで来たフランキー。
今後ベガパンクが出て来た時に善いやつか悪いやつかは別としてフランキーと出会った時にどういった関係になるのか。

ベガパンクは自分の出身であるバルジモアを島ごと温めようとしたり、バーソロミュー・くまのサニー号を守りたい約束を了承したり、暴走するシーザーを止めようとしたりいい人感は漂っていますがどこで出てくるかはわかりませんし状況によっては敵になるかもしれないのでなんとも言えませんね。

ところでフランキーがバルジモアで自分の体を改造した時にフランキーラディカルビームを搭載しましたがちょっと疑問が。

黄猿のレーザーを参考にしたんじゃないの?

ラディカルビームってパシフィスタにあったビームと同様の物とシーザーも言ってましたし見た感じも一緒ですよね。
でも元海軍本部少将のX・ドレークがパシフィスタのレーザーを見た時に黄猿の攻撃力も再現したのか…。って言ってたのでパシフィスタのレーザーは黄猿からヒントを得て作ったものと思われます。

あれ?パシフィスタのレーザーは海軍大将黄猿の再現したものでパシフィスタに搭載したのはドレークの反応を見る限り割と最近な筈ですよね?
ドレークがいつ頃海軍を出たのかは知りませんが、少将だった時にパシフィスタが開発されてるのは知っていたけど黄猿のレーザーまで搭載されてるのには驚いていました。
黄猿がパシフィスタのボディーガードで海軍本部科学部隊隊長の戦桃丸のオジキであるので兵器開発に協力的なんでしょう。

ベガパンクは黄猿からヒントを得て開発した筈なのに出身国のバルジモアにレーザーのヒントがあったの?おかしくない?ってなりませんか?
わざわざレーザー作った後にバルジモアに置いていくのも変ですし…。

フランキーは魚人島でフランキー将軍をお披露目した時にベガパンクをまだ見ぬ天才ベガパンクと称していました。
なので2年間の間にフランキーとベガパンクが会ったということはまず考えられませんよね。

黄猿に会う前からレーザーの技術を持っていた?

一番考えられるのはベガパンクがバルジモアにいた時からレーザーを開発できる設計図があったということです。
パシフィスタのレーザーを見た人たちは黄猿の攻撃力の再現もできるなんて!と驚きますが実はベガパンクは元々レーザーの技術を持っていたという。

フランキーがバルジモアで見つけた兵器的な発明の中に若き日のベガパンクが開発したレーザーの技術の発明があってそれを自分に搭載したという感じですね。
にしても偶然黄猿のビームとベガパンクのレーザーが似た物になりますかね?
うーん、謎は深まりますね。

もし自分の考えた通りベガパンクがバルジモアにいた若き日からレーザーの開発技術を持っていたとしたらすごいですよね。
人間を作れるジェルマの血統因子だったり悪魔の実を物に食べさせる技術を開発したりと天才っぷりを発揮しまくるベガパンクの登場が待ちきれません。

まとめ

今回はフランキーの初登場と本名となぜフランキーと名乗ることになったのか、仲間になる前の過去とプルトンの居場所や設計図などについてまとめました。
最後はちょっとブレてベガパンクの話になっちゃいましたが。

自分はフランキー結構好きなんですけどたまにあんまり一味に馴染んでないとか好きじゃないって言われたりしてて悲しいです。(笑)

プルトンは情報がアラバスタ編から出てるのに今だにわからないことがありますね。
ポセイドンは明らかになったのにウラヌスに至ってはノー情報ですししょうがないですね。

ベガパンクも謎も多い人物ですし登場が楽しみですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です