Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ワンピースネタバレ975話最新話考察いよいよ決戦突入!助っ人達の参戦は?

3/23発売のジャンプ17号掲載ワンピース975話の最新話ネタバレ考察と予想を書いていきます。

ルフィ、キッド、ロー参戦でいよいよ決戦突入!の前に相手は四皇二人。
戦力差と助っ人達の参戦はどうなるのか。

マルコ、イゾウ、ジンベエなどは…。
カン十郎についての伏線や今後についても。

ワンピース最新話975話のネタバレ考察

ではワンピース最新話975話以降の展開を考察、予想していきます。

974話ではついにスパイの正体がカン十郎であることが判明!

本名は黒炭カン十郎であり、オロチに出会っておでんの部下になりきるという役を与えられた過去があった。

赤鞘達の乗る小舟の前に百獣海賊団の船も登場。
絶望的と思われた瞬間、ルフィ、キッド、ローが登場する。

974話の詳しいあらすじはこちらの記事から。

ルフィ、キッド、ロー参戦でいよいよ決戦突入!の前に戦力差は?

974話はスパイの正体がカン十郎とわかり絶望的な状況からの最悪の世代、3船長の登場はかなり熱かったですね。

彼ら3人が集結したのはシャボンディ以来。
シャボンディ編は大体2008年なので実に約12年ぶりの再集結となりました。

これまでもロー、キッドもちょこちょこ登場していたのに3人で集まることがなかったのは今回のラストの演出のためだけの様な気がして痺れましたね。

引用:http://blogimg.goo.ne.jp/ 

5ヶ月に及んだおでんの過去篇が終了し、いよいよここから百獣海賊団の船と激突。
鬼ヶ島に乗り込んで決戦と思われますが相手は四皇二人。

しかもビッグマムとカイドウが組んでいる事はルフィ側は知らないと思われます。

ビッグマム海賊団はカタクリやクラッカーはいないみたいなので万全ではないですが、百獣海賊団はおそらく全ての人員が揃い踏み。

依然、情報戦でもかなり不利な状況でオロチの「赤鞘を孤独にして殺す」という作戦をようやく覆したくらいです。

かなり不利な状況ではあるもののまだまだ強力な助っ人が来るであろう事は予想できます。

これから決戦の助っ人は誰が来る?

まず絶対に来るのは4千2百の侍達。

キッドも他の港でその侍達を見つけたみたいなので狂死郎か誰かの手引きで別の場所に集合していると思われます。
船も無事みたいなのですぐに来てくれるでしょう。

狂死郎と都で捕まった光月家の同志達も強力な助っ人ですね。

錦えもんも捕まった者の中に屈強な侍がいると言ってましたし。

また他にも高い確率で来る助っ人はジンベエとネコマムシ。

ジンベエはルフィとワノ国で待ち合わせをしましたし、必ず来る!とルフィも信じていたので来るでしょう。
しかし先にビッグマム達が到着しているというには少し不安ではありますね。

ルフィ達を逃がす為にダメージを負っていて傷を癒してる途中かもしれません。
タイヨウの海賊団も引き連れて参戦してほしいですがどうなるでしょうか。


引用:http://imgcc.naver.jp/

ネコマムシも間違いなく参戦しますよね。
ここで来なかったら意味わかんないですし。(笑)

一緒にいる俠客団も強力なミンク族ですし期待大ですね。

ここまでうまいこと揃った場合の戦力は…

  • 赤鞘九人男
  • 麦わら海賊団
  • キッド海賊団
  • ハートの海賊団
  • ミンク族
  • 4千2百の侍達
  • 都で捕まった侍達
  • ジンベエとタイヨウの海賊団

といった感じ。
正直ここまで来てやっと百獣海賊団かビッグマム海賊団の片方といい勝負ができるかって感じですかね。

数が多い侍達が具体的にどのくらい強いのかも重要ですね。
百獣海賊団もかなりの戦闘員がいそうですし。

イゾウやマルコなどの白ひげ残党、麦わら大船団、ロジャー海賊団残党の参戦は…

ここからは戦力的には期待できるけど参戦の可能性が低そうな者達。

まずはマルコやイゾウなど白ひげ残党。

引用:https://twitter.com/

マルコは当初ウィーブルの襲撃が心配される為、参戦は望めませんでしたが「七武海撤廃」による影響が良い方向に働くかどうか。

またイゾウや他の白ひげ残党はそもそもどこにいるのでしょうか。

マルコが他の隊長達に決戦のことを知らせたら来てくれる思いますが、あの世界の連絡方法って電伝虫くらいしかないですし。

けど新聞読めばルフィ達とカイドウ&ビッグマムの戦いはわかるので希望はありますかね。
せめてマルコが来れなくてもネコマムシがイゾウ達を集めて参戦してほしいですね。

マルコ達の参戦の可能性は五分五分ですかね。
イゾウはワノ国に帰って来ててもおかしくないくらいなのに…。

また参戦は期待できないけど万が一来るかもしれない麦わら大船団。


引用:https://onepicenazo

大船団とルフィの共闘による戦争はまだまだ先かと思われます。

しかし尾田先生がフィッシャーズさんのインタビュー動画で「大船団再集結は意外と近い。」と仰っていたので万が一参戦があるかもしれないと期待。

「大船団再集結は意外と近い。」というのはワノ国の次の章あたりでやるよってことですかね。(笑)

こんな短期間じゃ大船団もあまり成長してないですしまだまだでしょうか。
何の前フリもないですし。

あとは絶対に来ないけど繋がりはあるのがロジャー海賊団残党。

おでんとの繋がりが強く、モモの助などにも仲間意識はありそうだけどまず生きてるのか死んでるのかわからない人達が多い。(笑)

またレイリー、シャンクス、バギーあたりは絶対来ませんし、他の人達も何してるんだか…。

やはりさらに参戦が望めるのは白ひげ残党だけですね。
特につながりが強いイゾウやマルコがどうなるか見ものです。

カン十郎がスパイだった伏線まとめ。これからは…

久しぶりにワンピースで鮮やかな伏線回収が行われたカン十郎のスパイ発覚。

カン十郎がスパイだった、また騙していたことなどの伏線や噂まとめ

  • 箸や刀を持つ時は右利きなのに絵を描く時はワザと左手
  • ジャックが雷ぞうを名指しでゾウに探しに来た
  • ゾウにはビブルカードが無ければ来れないことをイヌアラシは気付いていた
  • ゾウにはカイドウ達が20年来ることはなかったためビブルカードを渡したのはタイムスリップ組の誰か
  • ゾウに雷ぞうがいるのを知っているのはカン十郎、モモの助、錦えもんの3人
  • カン十郎はおでんと出会う前迫害されていた
  • 康イエの供養を申し出た後に新たな決戦計画がバレた(供養する際に単独行動をしていた?)
  • 日和の生存もその時点でバレた?

などなど。

他にも赤鞘の中では早めの登場にも関わらず活躍シーンが少ない、
錦えもんとカン十郎のドレスローザでの再集合もバレていた、
ドレークやホーキンスがナミ達がいた湯屋に来たのはカン十郎の密告か?、

など予想も。

初登場のあたりで右手でキャベツを食べていたのに、絵を描く時は左手という矛盾があったのは驚きました。

引用:http://www.maniado.jp

ドレスローザで錦えもんの正体がしっかりバレていたのもカン十郎のせいでは?と早くから予想していた人も多かったようです。

あの時点では錦えもんやモモの助が生きているなんて嘘みたいな話だったのに、モブに「お前は狐火の錦えもん!」とかバレていましたね。

パンクハザードで侍がいるってなっただけで錦えもんとはさすがにわからない筈。
まして錦えもんは20年存在せずワノ国から出たのも初めてなのに。

これだけ沢山の伏線を見つける方はよく読み込んでいるな〜と関心してしまいました。(笑)

予想する人も、多分カン十郎だよな?くらいだったのは尾田先生が見事としか言いようがありません。

さてここに来てスパイと発覚したカン十郎はどうなるのか。

ナミやロビンの時の様に裏切ってもまた仲間になるパターンもありますかね。

しかしカン十郎のせいでゾウやワノ国などで死人も出ていますし到底許されるレベルではありませんよね。

今後カン十郎がこのまま敵になるのか、紆余曲折経てまた仲間になるのか。
あの強力な能力は惜しいですね。

下手すればカイドウの分身作れたりするので敵に回るとヤバそうです。

錦えもんやモモの助の説得で再度仲間に…とも思いますがこのまま敵でも面白そうです。

ワンピースネタバレ考察975話の予想まとめ

今回は975話以降の予想や考察をしました。

ひとまず最悪の世代3船長の参戦で優位に立てそうですが相手は四皇二人。
まずは狂死郎や侍達の参戦が楽しみです。

ラストの「海は海賊が相手だ!」のシーンはルフィ達がワノ国の衣装を脱いでいて、海賊らしいいつもの衣装になっているのも熱かったですね。

またカン十郎のスパイ発覚の流れも見事でした。
正直赤鞘の中にスパイがいるというのは嫌でしたがカン十郎のゲスさで悲しい気持ちは0に。(笑)

あとカン十郎が康イエの供養したのは大丈夫なんでしょうか。

死体使って出来る事など限られてますが、おでんの部下という演技は生きていたのできちんと埋葬したという予想と死体を使って何かするという予想に別れています。

それにしても974話の過去篇終了からのスパイ発覚からの3船長集結というスピーディーな流れは感動すらありました。

決戦がより楽しみです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です