Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ワンピースネタバレ985話最新話確定カイドウがオロチの首を切る!

ワンピース最新話985話の確定ネタバレ”新鬼ヶ島計画”のあらすじと予想や考察も交えて紹介していきます。

カイドウがオロチの首を切る!
そしてワノ国を新鬼ヶ島にすると発表。

いよいよビッグマムと古代兵器を使って”ひとつなぎの大秘宝”を狙いに行く宣言。

また鬼ヶ島の裏口ではカン十郎VS赤鞘で残雪の菊之丞が動く。
ヤマトはルフィに8歳の頃から20年鬼ヶ島に監禁されている事を語り始める。

今回の注目ポイントとしては…

  • カン十郎軍団VS赤鞘、イゾウとカン十郎が再会。
  • ヤマトは28歳!8歳の頃から20年鬼ヶ島に監禁状態でエースと海に出れず。
  • カイドウとビッグマムは古代兵器で”ひとつなぎの大秘宝”を獲りに行く!
  • オロチの首を切るカイドウ
  • ワノ国に鬼ヶ島を移す新鬼ヶ島計画!将軍はヤマト?
  • しかし本人はなってたまるか!クソオヤジ!と怒り心頭。

またフジテレビのオンデマンドサービス、FODでは14日間トライアルキャンペーンを実施中。

無料期間中でも貰えるポイントで最新96巻まで楽しめてアニメの見逃し配信や過去のシリーズや劇場版も見放題!

またワノ国編序盤も無料配信中。
作画がメチャクチャ綺麗になって効果音もこだわっているアニメワノ国編は一見の価値あり。

気になる方はぜひお試しください!

今すぐFODを試すなら

ワンピース確定ネタバレ985話最新話”新鬼ヶ島計画”のあらすじ

それではワンピース最新話985話の確定ネタバレとあらすじを書いていきます。

今回は巻頭カラーでルフィ、キッド、ローの楽しげな表紙になっています。

前回984話ではヤマトが女性であり、エースとも関わりがあることがわかりました。
またカイドウによる新鬼ヶ島計画とやらが発表される。

カン十郎VS赤鞘!残雪の菊之丞動く

鬼ヶ島の裏口では上陸した赤鞘の前にカン十郎率いる集団が立ちはだかる。

カン十郎はギフターズや首のない絵の武者などそこそこの人数を引き連れています。

カン十郎「侍が侵入した形跡は見つからなかったが赤鞘が来てないとは限らない。」
「お前らのしぶとさはおれが誰よりも知ってる!討ち入りはさせんぞ…!」

イゾウはカン十郎が書いた武士の絵を見て少し驚き、カン十郎は「この負け戦の為に帰ったのか、イゾウ?」と嫌味を吐きます。

雷ぞうがモモの助の解放を交渉するが連行中に、拘束を解いて逃げたので気を失う程度の体罰を与えたと笑いながら喋ります。

さらに現在ライブフロアでモモの助の公開処刑が行われようとしており、「あと数分で光月の歴史は終わる!」と上機嫌。

カン十郎がのうのうと喋る中、お菊こと”残雪の菊之丞”が静かに怒りながら構えをします。

「来い菊!」と挑発するカン十郎に突っ込んでいく菊之丞。

菊の攻撃をきっかけにアシュラ、河松、イゾウ、ネコマムシ、イヌアラシは各々戦闘スタイルに。

カン十郎と菊がぶつかり、赤鞘達もギフターズ達と戦闘に。

ちなみにネコマムシはジャックに切られた腕を銃に。
イヌアラシは切られた足を剣にチェンジ。

お互いチェンジした腕と足が羨ましいのが微笑ましいです。(笑)

ヤマトは8歳から20年の間鬼ヶ島に監禁状態

一方カイドウの城内ではカイドウのスピーチが始まり大騒ぎ。

屋根裏ではヤマトとルフィが話しています。

ヤマトはエースの弟のルフィが船に乗せてくれる筈と情報を追っていた様です。

しかしエースと海に出られなかったのはカイドウに付けられた手錠のせい。
8歳の頃から20年に渡ってこの手錠を付けられ鬼ヶ島に監禁状態だそう。

鬼ヶ島から出たらこの手錠は爆発するらしく、ウソかもしれないと思いながらも万が一があるかもと足がすくむんだそう。

そこでルフィはおれ達と一緒に戦いてェのか?おれはお前の目の前でもカイドウをぶっ飛ばすぞ⁉︎と確認。

ヤマトは幼少期から挑む度返り討ちにあってきた、僕がそうしたいくらいだ!と了承。

じゃあその手錠取ってやるよ!と提案。
ヤマトがいや、取るって?と驚くとカイドウのスピーチが始まりました。

ヤマトは8歳の頃から20年監禁されているとの事なので年齢は28歳だと判明。

じゃあおでんの日誌を九里で見つけたのは監禁される前の幼少期なんですかね。

というかルフィの手錠を取れる流桜を知らないみたいですが、百獣海賊団ではあんまり流桜が知られてないんでしょうか?

カイドウとビッグマムは古代兵器を手に入れ、”ひとつなぎの大秘宝”を獲りに行く!

カイドウのスピーチは白ひげの頂上戦争から2年、七武海が撤廃されついに世界が動いたと始まります。

七武海の撤廃は政府がイカれた訳ではなく、海軍本部の新戦力”SSG”で四皇を抑え込めるという自信の表れ。

しかしそんなのぼせ上がった政府を尻目にビッグマム海賊団と手を結び、この世で最も強大な力、”古代兵器”を手に入れる!と発表。

そこに「おれの名を呼んだかカイドウ!」とビッグマムこと、おリンが壁をぶち破って登場。

周りには寿命を与えた提灯やろうそく、傘などが大量の配下として付いています。

百獣海賊団がビビる中、ナミとキャロットが捕まっており心配する潜入中のロビン。

ビッグマムも現れた事でカイドウは今一度、古代兵器を使って”ひとつなぎの大秘宝”を獲りにいくぞ!と宣言。

2人はイガミあっても手は届かないが2人で組めば射程範囲と捉えているよう。

そんな古代兵器を使って恐怖と戦争を、世界にもたらし彼らが望む暴力の世界にするという宣言に一気に船員達は沸きます。

ついにワンピースを狙いに行く宣言。

四皇は早くワンピースを狙いに行けよと言われガチですがお互いを狙えば最悪の世代や黒ひげ、政府に隙を突かれます。

なので1番現実的な方法は四皇が手を組み一緒に狙いに行く事ですからね。

四皇と政府のバランスはあくまでも四皇それぞれが不仲であり手を組むことがないという前提。

彼らが一緒に海に動き出せば世界は荒れるでしょうし古代兵器も絡んでくるとなるとゾクゾクしますね。

ついに最後の古代兵器、ウラヌスの情報が出てきたりして…。

Sponsored Link

カイドウがオロチの首を切る!そしてワノ国を新鬼ヶ島に

さらにカイドウは急にオロチの部下達に選択を迫ります。

ワノ国は滝に囲まれ政府も容易に手が出せない天然の要塞。
武器工場も増やし、花の都の者達も労働力にすればここはあらゆる海賊にとって楽園と呼べる無法地帯になるだろう!と。

あまりの急展開に戸惑うオロチの部下達。
オロチが待てカイドウ!花の都はおれのおひざ元!誰のおかげで今まで武器を…と意を唱え始めると…。

ザンッ!

カイドウは無情にも一撃でオロチの首を切り落とします。

突然の事に驚き、慌てる会場。
カイドウにとっては「黒炭家」も「光月家」もどうでもいいらしく、どうするか5秒で決めろ!とオロチの部下達に選択を迫ります。

縛られ怯えるモモの助。
そんなモモの助をカイドウのスピーチを屋根裏から見ていたルフィはモモ!と叫びます。

声がでかい!と止めようとしたヤマトがバランスを崩し2人は屋根裏から落下。

新鬼ヶ島の将軍をヤマトに!しかも今夜?

オロチとカイドウは長い間手を組んできたのに…!と動揺するオロチの部下達。

カイドウは「おれと共に海賊になるか今ここでおれ達に挑んで死ぬか!決めろ侍共!」と答えが決まった質問をします。

「これから来る”世界の大戦”に向けてワノ国を海賊の帝国に変える!
本業の遠征も増えるだろう!今夜この鬼ヶ島を花の都に移しワノ国は滅ぶ!」

国の名は新鬼ヶ島!将軍は我が息子ヤマトだ!と高らかに宣言。

一方お菊は血がついた刀を握りながら涙を流しています。
このシーンの意味は…。

またヤマトは「将軍なんかなってたまるかァ!クソオヤジ!」とお怒りモード。

ルフィは早く案内しろ!モモが殺される!と大慌てでモモの助を救出に。

ヤマトを見つけた船員達は飛び六胞に連絡するように動きます。

今週はここまで。
来週に続きます。

ワンピース最新話985話:確定ネタバレまとめ

というわけで最新話985話のネタバレを書いてきました。

今週は新鬼ヶ島計画の全貌、そして古代兵器を手に入れワンピースを狙いに行くと宣言するカイドウとビッグマム、さらに首を切られたオロチと盛りだくさんでした。

まずはやっぱりオロチが首を切られたことが驚きですがオロチはヤマタノオロチの能力者なので8回首を切らないと死なないとかあるんでしょうね。

なので今回の発表がカイドウの独断によるものなのかオロチとの自作自演の可能性もあるのかどうかって所ですね。

福ロクジュ含むオロチお庭番衆はさすがに何も知らないみたいでかなり動揺はしてましたね。

何にしてもワノ国を新鬼ヶ島にするというのは驚きですね。

それに伴って古代兵器も狙い、ワンピースも狙いに行くとなるとワクワクしますね。

まだ情報が少ないウラヌスのことが気になったり、ポセイドンことしらほしやプルトンもどう関わってくるか。

やっぱり改めてワンピースを狙いに行くというのはワクワクしますね。
多分新鬼ヶ島の前にルフィ達にやられるんでしょうが…。

何気に捕まっているナミや、涙を流す菊も気になりますが…。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です