Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ワンピースネタバレ956話最新話確定サボ死亡⁉︎七武海VS海軍の戦いが始まる!

ワンピース最新話956話の確定ネタバレとあらすじを感想、考察も交えながら書いていきます。

956話”ビッグニュース”ではレヴェリーで起きたサボ死亡事件、七武海撤廃による七武海VS海軍の戦いが始まったりと世界が揺れまくっています!
さらにビビの父、コブラ暗殺⁉︎やドレークが海軍のスパイだったなど大事件連発!

動き出す黒ひげが狙うのは七武海?サボ?
それともプルトン?

追記:957話のネタバレ考察記事もアップしました

次回957話のネタバレ考察記事もアップしました。
よければご覧ください!

ワンピース確定ネタバレ最新話”ビッグニュース”

それではワンピース956話の確定ネタバレとあらすじを書きながら考察や感想も書いていきます。

短期集中連載”ギャング・ベッジのオーマイファミリー”、
第7回目ではドレスローザについたベッジ達が海岸で出会った男がローラの知り合いのようです。

シフォンをローラと間違えて婿を見つけたと思っているんですね。
ということはローラもドレスローザに来た事があるんでしょうか?

それともこの島がドレスローザっぽい別の島だったりするのでしょうか…。

しらほし、ネプチューン魚人島に帰還 ビビは無事?

まずは魚人島に帰還したしらほしとネプチューン達から。

ガープが無事に彼らを送り届けガープはひとまず茶をもらうことに。
レヴェリーは毎回大事件が起こるそうで集まった国王達は己の私利私欲の為にお互いに牽制しあっていたそうです。

普段なら血が流れることは無くガープもそれならまだ平和だと思っていたそうですが今回ばかりはまずい事態になったといいます。

さらにガープからレヴェリー解散後アラバスタ王国に関するある事件が起きた事をネプチューン達に告げます。
同時にガープは「地上を…人間達を恐れんでくれんか」と語ります。

色々事件が起きた様ですがまず気になるのはアラバスタに関する事件。
各国の王達が帰路につく中アラバスタに帰還途中のビビ達の身に何かが起きた様です。

ビビの父のコブラは五老星に面会を求めていた一方で、五老星達は「ネフェルタリ家は裏切り者」と言っていました。

まさかイムが決めた歴史より消すべき”灯”というのはコブラ達ネフェルタリ家だったのでしょうか…。

モルガンズは意外と武闘派!世界会議では3つの大きな事件が?

場面変わってレヴェリー解散より一週間。各国の王達はそれぞれの帰路につきました。

時間は遡りレヴェリー直後。
世界経済新聞社社長モルガンズはレヴェリーで起きた複数の事件に胸が踊り、一面の事件を決めています。

モルガンズによるとレヴェリーでは「死者」が出た、「議決結果」も最高、「殺人未遂」にも胸が踊ると言っています。

  1. 死者が出た
  2. 議決結果が出た
  3. 殺人未遂が起きた

と3つの大きな事件が起こったことが語られています。

するとモルガンズに社員のアタッチャンが持って来た政府からの速達が。
内容はすごい額の小切手と事件のもみ消しを依頼するもの。

モルガンズはこいつは突き返せ!この事件を闇に葬るなんでできるか!と命令。
するとアタッチャンは変装したCPのエージェントでモルガンズを直接脅しに来ました。

社員達は突然CPのエージェントが現れた事で動揺しましたがモルガンズは怒り、エージェントを返り討ち。
「おれは守銭奴だがその前にジャーナリストだ!時にはウソで人を躍らせる活字のDJ!何を載せるかは俺が決める!」と宣言。

しかし政府の役人をぶちのめしたことには変わりないので新聞社が本社ごと引っ越し。
するとモルガンズの元にワポルよりとあるリークが届きます。

Sponsored Link

CPがもみ消そうとした事件とは

モルガンズ意外と強いんですね。
ビブルカードで明らかになりましたが一応トリトリの実モデル”アルバトロス”の能力者なだけありますね。

というかジャーナリストだけどウソも書くんかい。(笑)
しかしCPのエージェントが来たことによって「時にはウソで人を躍らせる」モルガンズの新聞に箔がついてしまいましたね。

そしてモルガンズの3つの事件の内殺人未遂が起きたというのはコブラの暗殺未遂でしょうか?
言い換えればコブラ達に世界政府の暗殺の魔の手が忍び寄ったけどなんとか生きてるということですかね。

しかしコブラはただでさえ病気で体調が悪化していますしその体を押してレヴェリーに参加したのでまずいかもしれないですね。
もしコブラが死んでしまったら急にビビが王位継承することにでもなるのでしょうか。

さらにワポルからのリーク情報がコブラやビビに関するものだったらよりまずいですね。
ワポルはビビ達を恨んでましたし、ルフィの船に乗っていた証拠とか世間に公表されたら…。

そのコブラ暗殺未遂をCPと世界政府がもみ消そうとしたのだとしたら筋が通りますね。

サボ死亡⁉︎揺れる革命軍とドラゴン

世界中ではモルガンズの新聞が世界中の人々を驚愕させました。

カマバッカ王国の革命軍総本部ではサボの死亡記事?にイワンコフやドラゴンが動揺します。
どうやらモルガンズの言っていた死亡事件とはサボの死亡事件の様です。

イワンコフはヴァターシ信じない!と叫び、ドラゴンは事実確認を急ぎます。
あのドラゴンも動揺し冷や汗をかいています。

レヴェリーに向かった革命軍の幹部達とは連絡もつかない様です。
サボもレヴェリーに潜入した時は「ヘマはない、”成功”か”死”かだ!」と言っていたので死の可能性ももしかしたらありえるのでしょうか。

とはいえモルガンズはウソも書く様なのでサボの死はウソだと思いたいですね
まさかドレスローザでルフィと再会したサボがここで死ぬとはねぇ…。
尾田先生そんな鬼じゃないよね?(笑)

帰還途中のステリーもサボ死亡の記事に動揺。
マリージョアにいることすら知らなかった様です。

あれ?以前黒ひげが革命軍と大将がくまを巡って戦っていることが記事になっていたと言っていましたがレヴェリーにいる王達は大将と革命軍が戦っていたことを知らないんですかね?

間違いなく大きな騒ぎになっていたと思いますが王達にそのことは知らされなかったんでしょうか。
ただ単にステリーがにぶかっただけ?

こちらの記事ではサボの死亡説などについて考察していました。

サボはなんとなく死にそうな雰囲気があると書きましたが…。
ワンピースネタバレ サボの懸賞金や強さは?死亡説や名前(フルネーム)は?

サボ死亡に悲しむ人々 黒ひげはが狙うものとは…

フーシャ村ではマキノがサボ死亡の記事に悲しみ、コルボ山ではダダンと仲間達が泣きじゃくっています。
マキノの子供がすこし大きくなってますね。

インペルダウンではドフラミンゴが新聞を読み高笑い。
海賊島「ハチノス」では黒ひげは「船を出せ!海軍に取られるくらいならおれが貰っちまう!」と宣言。

黒ひげはどこに向かうのでしょうか。
ビッグマムがワノ国に行っている隙にホールケーキアイランドに行ってカタクリ達を倒して制圧するという考察もありましたがそれは今の所無さそうですね。

黒ひげが狙うのはコブラおよびアラバスタにあるかもしれないプルトンでしょうか。
それともこのあと書きますが七武海撤廃によるさらなる能力者狩り?

でもサボの記事の後のシーンなのでサボのメラメラの実狙い?
今後黒ひげの動きに注目しなければいけませんね。

Sponsored Link

ドレークは政府のスパイだった!やはり海軍はワノ国には来ない?

また一方ではとある海の軍艦でコビーがワノ国えびす町の外れから何者かによる連絡を受けています。

その相手はX・ドレーク!
ドレークの本当の肩書きは「海軍本部機密特殊部隊”SWORD”隊長」
コビーはその”SWORD”の隊員。

ドレークはコビーからレヴェリーの諸々の事件を聞きます。
ドレークからはビッグマムが鬼ヶ島に到着した後、同盟を組んだ事を報告。

海軍はビッグマムとカイドウの潰し合いを期待していましたが事態は悪化。
さらにワノ国でCP0を見たことも報告。

カイドウが支配するワノ国と政府が取引をしてると勘付きドレークもかなり動揺した様です。
そんなコビーは現在海賊女帝ボア・ハンコックの拿捕に向かっています。

ドレークはやはりスパイでしたね。
やっぱりローを助けた人物もドレークで決まりですかね。

しかし海軍のスパイということはルフィ達の味方という訳でもないですね。
それに黄猿もドレークがスパイと知らなかった様なのでSWORDは海軍上層部も知らない様な部隊ということですね。

海軍は一応ビッグマムとカイドウの同盟を知りましたが手一杯でやはりワノ国には来そうにありませんね。
ルフィ達の決戦が本当にどうなるか読めない…。

個人的にコビーとドレークが好きなので二人が同じ部隊というのが嬉しかったです。
二人の共闘シーンとか見れる日が来ないかな〜と微かに期待しています。

七武海撤廃!七武海VS海軍の戦いが始まる

さらに世界では”王下七武海”制度の撤廃に喜ぶ人々が描かれています。

七武海に実害を受けたアラバスタとドレスローザの王達が提案し、大多数の賛同を得て可決されました。
一応世界三大勢力の一つが消えて大丈夫か⁉︎と心配する声もありますね。

まあこれに関してはミホークも言っていましたしドフラミンゴとクロコダイルの一件や、さらには藤虎も提言していたのでついに可決されたかって感じですね。

新世界のカライ・バリ島ではバギーズデリバリー座長のバギーが海軍に追い詰められています。
島を完全に包囲されているらしくバギーはやったるに決まってんだろうがァ!と言いつつ自分は途中でトンズラする様です。

バギーのことだから逃げきれちゃうでしょうね。(笑)
しかしバギーは二年くらいしか七武海にいれなかったって可哀想な…。

戦力の要であるハイルディンと巨兵海賊団もルフィの傘下に入っちゃいましたしそもそも結構危なかったのかな。
バギーの言う人生計画は今後どういう予定を描いていたんでしょうか。(笑)

ミホーク、ウィーブル、ハンコックが海軍を迎え撃つ!

シッケアール王国跡地ではミホークが海軍に囲まれています。
ミホークは久しぶりに追われる立場に戻ることに武者震い。

ペローナはもう旅立ってしまったんでしょうかね。
ドン!の文字がミホークだけ特別仕様になっていて尾田先生のお気に入り加減が見えますね。(笑)

別の新世界のとある島ではウィーブルとミスバッキンが海軍に囲まれています。
バッキンは海軍が味方じゃなくなった事を察して攻撃を始める様にウィーブルに言い渡します。

そして女ヶ島アマゾンリリーにも海軍の船が来ています。
ニョン婆は七武海撤廃のニュースに慌てますがハンコックは「慌てるな…忘れておる様じゃな、わらわ達が王下七武海になったのは強さゆえじゃという事を」と余裕綽々で戦う気マンマンの様です。

レヴェリーを経て七武海撤廃からすぐに海軍が元七武海の元に駆けつけたのでしょうが見た感じ戦力が足りてない感じが…。

ハンコックのとこにはコビーが行きましたが敵いそうには見えませんし、ミホークとウィーブルなんか絶対返り討ちにしますよね。
それぞれ大将が乗っているとかだったらまだなんとかなるかもしれませんが…。

956話はここまで。
来週に続きます。

まとめ

いやー今週は熱かったですね。

やっぱり世界情勢編が1番おもしろい!(笑)
それにしてもウィーブルとマルコはてっきり戦っているもんだと思っていましたがまだだったんですかね?

まさかもうマルコ達を蹂躙した帰り道とかじゃないですよね…?
描写も無しにマルコとまだワノ国に来てないネコマムシ達がやられていない事を祈ります。

来週はどうなるんでしょう。
ワノ国に戻るのか、このまま世界情勢編が進むのか。

七武海VS海軍めっちゃ見たいですけど本筋じゃないからワノ国編が終わったら結果だけお披露目とかになるかな…。
ミホークめちゃカッコよかったので戦いが見たいですね。

何か気になる所や感想などあればコメントお待ちしております。
最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です