Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ワンピースネタバレ 黒ひげ海賊団ティーチの声優や技、名言とVSエース戦も

ワンピースの黒ひげ海賊団船長、マーシャル・D・ティーチの声優、名言、技などを考察、ネタバレしていきたいと思います。

他にも黒ひげVSエース、黒ひげVSマゼランなどの勝負集も。

ヤミヤミとグラグラ二つの能力を持つティーチの事を深くおさらい。

黒ひげマーシャル・D・ティーチの名言集

黒ひげといえば狡猾で見た目も(こう言っちゃなんですが)汚いおじさんです。

ですが妙に読者に刺さる名言も生み出しています。
今回はそんな名言をご紹介していきたいと思います。

まずは黒ひげと言ったらこの名言。

24巻第225話”人の夢”より。
”海賊が夢を見る時代は終わったって⁉︎えェ⁉︎オイ‼︎”
”人の夢は終わらねェ‼︎”


引用:http://xn--zcktc0dqa0c7959ah6we.com/archives/59

黒ひげの名言というかワンピース全体通しての中でもすごい好きな言葉です。
尾田先生が伝えたかった事という感じで。しかもこれを敵に言わせるという…。

この後の”笑われていこうじゃねェか、
高みを目指せば出す拳の見つからねェケンカもあるもんだ‼︎”ってのもいいですよね。

自身の夢という名の野望を実行しルフィよりも早いスピードで成り上がっていく黒ひげのスケールのデカさが感じられます。

ベラミーに無抵抗でやられ続けたルフィの肩を持ち器がデカい奴感が出た後にルフィを狙いに行って”突き上げる海流”ノックアップストリームに蹴散らされ船は大破。
ルフィたちはそのまま空島に行くっていうのが黒ひげらしくて好きです。(笑)

こちらの記事では実在したリアル黒ひげについて紹介しています。


続いて56巻543話”麦わらと黒ひげ”より。
”やめときな 正義だ悪だと口にするのは‼︎この世のどこを探しても
答えはねェだろくだらねェ‼︎”


引用:https://renote.jp/articles/2970

インペルダウンで副署長のハンニャバルがルフィに対して放った”何が兄貴を助けるだ‼︎
社会のゴミが綺麗事抜かすな‼︎ 貴様らが海へ出て存在するだけで…‼︎ 庶民は愛する者を失う恐怖で夜も眠れない‼︎”という正論をいとも簡単に踏み潰した黒ひげの名言です。

まあ黒ひげのというか直前のハンニャバルが良いっていうのもあるんですがこちらも黒ひげの理不尽なまでの強さと横暴さが現れててこちらもまた黒ひげらしいなと思いました。

ここでやっとルフィと因縁がしっかりと出来て、今後に繋がっていきます。
この直後にマゼランに瞬殺されるんですが…。(笑)


続いて59巻577話”畳み掛ける大事件”より。
”平和を愛するつまらねェ庶民共!海兵‼︎世界政府‼︎そして…海賊達よ‼︎この世界の未来は決まった…”
”そう…ここから先は‼︎おれの時代だァ‼︎”


引用:http://xn--zcktc0dqa0c7959ah6we.com/archives/288

インペルダウンを襲撃し、LEVEL6の囚人を仲間にし、白ひげにトドメを刺し、グラグラの実の力を得た黒ひげが口にした一言。

歴史上最も凶悪な悪魔の実と言われたヤミヤミの実と、世界最強の男白ひげのグラグラの実。
二つの最強クラスの悪魔の実を手に入れた黒ひげは正に次の時代の覇者に近い存在になりつつあります。

実際リアルタイムでこのエピソードをジャンプで読んだ時に鳥肌が立ったのを覚えています。
めちゃめちゃ面白かったのと悪魔の実二つ食べれるやつなんかいるの⁉︎という衝撃が凄かったです。

黒ひげVSエース、VSマゼラン、VS白ひげなどの勝負集

黒ひげってしっかりした戦闘が今の所あまり描かれてませんよね。
黒ひげVSマゼランって書きましたがマゼランとの戦いは瞬殺でしたし。

その中でも勝負らしい勝負といえばまずは45巻の440話と46巻の441話で描かれた
黒ひげVSエース戦

元白ひげ海賊団4番隊隊長のサッチを殺し、敵討ちに来たエースとの一戦。
初めてヤミヤミの力が明らかになり、その前代未聞の性能に驚きました。

”火”というロギアを打ち砕いた黒ひげの恐ろしさは鮮明に覚えています。
たった2話しか描かれていないのにかなり印象的ですよね。

最初読んだ時は必要以上にダメージ喰らうってどうなの?弱くない?と思いました。
ですが能力を封じられてパニックになった能力者は中々太刀打ちし辛いですよね。
なんとか耐えしのいだエースも結局やられてしまい、後の”マリンフォード頂上戦争”の引き金にもなりました。


そして次は59巻576話の黒ひげVS白ひげ。

赤犬によって顔半分を失いながらも進撃する白ひげを狙いLEVEL6の死刑囚を引き連れマリンフォードに現れた黒ひげ。
白ひげはサッチの無念を晴らそうと薙刀で切りつけ、ティーチの頭を掴みグラグラの力で頭を潰そうとしますがなんとか逃れたティーチは仲間と共に満身創痍の白ひげにトドメを刺しました。

グラグラの力をヤミヤミの”引力”で一度封じ込めたのに薙刀で反撃され、「過信、軽率、お前の弱点だ…」と白ひげに言われてしまいました。
マゼランの時といい、最初にルフィを追いかけてノックアップストリームに巻き込まれた時といい、ティーチはその過信と軽率によって何度か死にかけているのにその度に復活し天に愛されてるかの様にしぶとく生き残って来ましたよね。

このルフィに似た強運もよりライバル感を引き立たせます。
運命のライバルってほどでは無いですが。

黒ひげティーチのヤミヤミの実の技、力

次はティーチの技や悪魔の実について紹介していきます。

まずヤミヤミの実の特徴と力といえば…

  • ロギアの中でも異質な部類の”闇人間”になる
  • 闇とは”無限の引力”の事で全てを引きずり込み、無限の力で凝縮させ押し潰す
  • その引力によって”悪魔の実の能力者”も引き寄せ一時的に能力を封じ込める
  • しかしその引力によって”痛み”まで常人以上に引き込み、物理攻撃も喰らう。

必要以上にダメージを受けるとはいえ能力に過信する能力者を手玉に取れ、街一つ飲み込むほどの引力も持つ。

相手を強制的に攻撃範囲に引き込むことも出来、能力者に対しても無能力者に対しても強みがあります。

そしてティーチのヤミヤミの技は…

闇穴道(ブラックホール)

体から吹き出した闇を地面に這わせて広げていき、範囲に入った者や物体を引きずり込んだり動きを止めたりでき、引きずり込んだものは上の説明の様に”無限の引力”で押し潰します。

無限の引力って正にブラックホールそのものですね。
黄猿と戦い、光VS闇っていうのは無いかな…。
いつか見たいですね。

解放(リベレイション)

ブラックホールで引きずり込んだ物体を解き放ちます。
建物が凝縮されますが今の所人間が引き込まれてグチャグチャになって出て来たりはありません。

一応それもできるんでしょうが少年誌で描かれることは無いか。(笑)

ちなみにリベレイション(revelation)の意味は「今までわからなかった事や隠されていたことを明らかにする」という意味があるらしいです。

闇水(くろうず)

闇の引力によって悪魔の実の能力者を正確に引き寄せ掴み、その掌に掴まれると能力不能になってしまいます。

覇気との大きな違いは攻撃できるだけでなく能力を一時的に無効化できるという点にあります。
黒ひげも覇気を熟知した上でヤミヤミの実が海賊王になる為に必要だと思ったのでしょうから他にも秘密や能力が隠されているかもしれません。

そして黒ひげはグラグラの実の力も持っていますがグラグラの力はまだあまり使っているシーンがありません。

早く黒ひげの本格的な戦闘が見たいですね。

こちらの記事では黒ひげの謎やケルベロス説を考察しました。

黒ひげの特徴的な声を演じる声優は?

黒ひげは声も特徴ですが、そんな黒ひげの声を演じているのは…

大塚明夫さんです!

1959年11月24日生まれで1988年からキャリアをスタートさせている大ベテランです。
実の父親は同じ声優の大塚周夫さんで、周夫さんは2015年にお亡くなりになってしまいましたが海賊王ゴールド・ロジャーも演じています。

大塚明夫さんは他にも

『楽しいムーミン一家』のムーミンパパ、

『ブラック・ジャック』のブラック・ジャック、

『BLEACH』の京楽春水、

『METAL GEAR SOLID』のソリッド・スネーク、

『ジョジョの奇妙な冒険』のワムウ、

『バキ』の範馬勇次郎など様々なキャラクターを印象深く演じています。

これからも黒ひげを演じて欲しいですね!

まとめ

今回は黒ひげの名言や技、名勝負と声優さんを紹介いたしました。

黒ひげは謎も多くこれからもたくさん登場すると思うので楽しみですね。

個人的に好きなキャラクターなのでまた早く再登場して欲しいです。
最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です