Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

926話ワンピースネタバレ速報 カイドウとキッドの動向は?最新話の画バレと考察

2018年12月3日(月)発売の「週間少年ジャンプ 1号」、『ONEPIECE』の第926話“囚人採掘場”のネタバレ、画バレ、考察、予想を感想など交えながら解説していきたいと思います。FCでの話題と次回927話の予想も。

前回の925話『“ブランク”』のネタバレ記事はこちらです。↓

前回はゲッコー・モリアと黒ひげが再登場して大きな話題となりました。モリアの部下のアブサロムがやられており黒ひげの部下、シリュウがスケスケの実の能力者になっていたりカタリーナ・デボンの能力及び悪魔の実が判明したり黒ひげ、マーシャル・D・ティーチの衝撃の懸賞金が判明したかと思いきやすぐにワノ国編の第二幕が開幕しました。イヌアラシとアシュラ童子(酒天丸)と戦いから始まりラストにはカイドウ率いる百獣海賊団のジャックと並ぶ大看板2人が登場しました。

北の墓場のオバケ騒動!人斬り鎌ぞう現る!

ワノ国の1番豊かで栄えてる花の都の派手なコマから始まります。

改めて花の都の景色は凄いですね。桜と城と巨大な鳥居と五十の塔に細い富士山とかこれでもかというくらい古今東西の名所が揃っていて綺麗ですね。詰め込んだ感もありますけど。(笑)

花の都でとあるニュースが駆け巡っています。そのニュースとは人斬り騒動。
新聞、(瓦版?)を配っている人物は声を高らかにまた出たよー!オバケが出たー!うらめしや~と楽しそうに叫んでいます。

北の墓場のオバケ騒動の続報との事で、28条という場所?で起きた人斬り騒動で、犯人は人斬り鎌ぞうとわかっているようですが捕まらない!という神出鬼没の人物みたいです。
人相書も出ているのに捕まらないこの人斬り鎌ぞうとは何者なのでしょうか?

もう1つのニュースは丑三つ時に現れる丑三つ小僧の出現です。大金持ちから盗みを働き貧乏長屋に金をまく!とのことでいわゆるねずみ小僧的な奴ですね。

この2人がどのようにして物語に絡んでくるのでしょうか。

集まる光月家の意思!

ワノ国中でウソップやベポ達ハートの海賊団によって左足に月の印を持つ者達、つまり反乱の意思を持つ侍達に決戦の日と集合場所を図案にした紙を渡して回り侍達は「光月家」が帰ってきたことに奮い立ち、戦いに臨もうとします。

図案などの話は921話で出ていましたね。↓

ですがオロチはすでに侍以外には刀を持てない決まりを作っていて、剣道場、空手柔道全ての武道も禁じられている様で反乱の力は摘んでいるみたいです。
それでもたとえ素手でも構わないと燃える者達もいて、1人でも多く仲間が集まって欲しいものです。

ナミとしのぶはどこに忍び込んだ?

ベテランくノ一のしのぶと新米くノ一になったナミがどこかの屋敷に忍び込んでおり、忍び込んだ屋敷の人達はなにやら武具や兵器の注文票を渡すなど物騒な話をしています。
屋敷の人たちは時代劇とかに出て来そうな悪代官そのもの。
結局スグにバレて逃げるハメになってますけど。(笑)

ナミは珍しい天候で人集める役目じゃなかったですかね?

サンジはサンジで珍しいそばで人を集めてますが集まるのは侍ではなく女性ばかり。
なにやら商売をしているサンジを遠くから見てあの若僧ここが誰のシマかわかってんのか…!?と遠くから見張ってる怪しいシルエットの人物がいます。

果たしてこいつの正体は?

早くもルフィとキッドは協力関係?

場面は変わり、ルフィとユースタス・キャプテン・キッドが収監されているワノ国「兎丼」の囚人採掘場及び武器工場に場面が変わります。

ヒョウじいと呼ばれる老人が虐げられています。

兎丼の過酷なルール
兎丼では石運び大岩5回できびだんご1つという過酷な状況でヒョウじいは自分の食い扶持も確保出来なくなっており、看守に暴力を振るわれているようです。兎丼のルールはもう一つあり、看守に盾ついた場合1回で両腕を切断。2回目で両足。3回目で死刑が確定という理不尽なルール。

そこへキッドとルフィが海楼石が付いてる状態にも関わらず大岩を運びまくって山ほどきびだんごを確保して2人は満腹になり、すっかりキズも回復していますがどうにもソリが合わず張り合っている状態。


引用:https://www.interest-all.com/

すると倉庫の食糧を食い尽くし、自分の食べるきびだんごが3個しか無くなったということで副看守長で百獣海賊団真打ちの1人「ドボン」が現れました。
カバのSMILEでカバの口の中に人がいるというおかしな融合をしている新キャラです。

先ほどのヒョウじいという老人がドボンに踏まれてボロボロになってしまっており、それを見たルフィは怒りを感じている様子。

キッドは俺達は海楼石で力を抜かれた弱者でまじめに働いただけと主張しますが、ドボンは俺のメシを食い尽くした罪だー!とお構いなくキッドとルフィを口の中に入れます。

ドボンの口の中は惨殺部屋らしいですがキッドとルフィ2人の敵ではなく口の中でドボンは速攻でやられてしまいました。

2人が口の中から颯爽と出てきてルフィはヒョウじいを抱えあげ、看守が盾ついたな!死刑だ!と騒ぎますがドボンの口の中の出来事なので盾ついた証拠もなく、罪にも問えません。
規格外の2人を見てキッドとルフィは他の囚人からこの2人は囚人の星だ~!と讃えられました。

2人はこのまま囚人達を味方にしてカイドウと戦うのでしょうか。

今週はここまで。
来週に続きます。

今週の感想

  • 人斬り鎌ぞう、丑三つ小僧は何者?
  • 光月家の意思集う
  • ルフィとキッドが結託?

今週からいよいよキッドとルフィがいがみ合いながらも協力関係になっていますね。個人的にキッドは好きなキャラクターなので味方になりそうで嬉しいです。

同じ超新星のキラーやキッドの部下も一緒に収監されてるのでしょうか。どこか別の場所に連れていかれたのかわかりませんが。

新キャラのカバのSMILE、ドボンが登場しましたが瞬殺されました。ホールデムといい真打ちは良いとこ無くルフィに太刀打ちすら出来ないようですね。

他にも続々と反乱の意思を持つ侍達が集まりそうだったり他の囚人やらキッドの部下やらローの部下やらが集まれば相当な戦力になりそうなのでカイドウも倒せそうな気がしてきます!
が、カイドウ側にもX・ドレークやホーキンス、アプーらがついてるので戦力的にはトントンですかね。

それと囚人の中にサラッとヌマヌマの実の能力者のカリブーがいましたけど彼の歩みは次項で。

カリブーはなぜ兎丼にいる?

カリブーは魚人島にルフィ達に捕まったまま侵入し人魚を能力で捕まえ誘拐しようとしましたが、ペコムズにやられその後本編には登場せず、その後『カリブーの新世界でケヒヒヒ』が68巻674話から73巻731話まで表紙の扉絵短期集中連載されました。


引用:http://imgcc.naver.jp/kaze/mission/USER/20120914/15/1002355/5/600x669x6d2e07d9f20a349720ddfee5.jpg

カリブーの新世界でケヒヒヒの流れ
連載では魚人島でジンベエに捕まって新世界の海軍支部「G-5」に置いていかれ捕まりますが助けに来た弟のコリブーや部下を囮にして1人だけ逃げた先でカイドウのナワバリの労働者がいる島に辿り着きました。
そこにG-5から逃げ延び、再び再開したコリブーと部下を巻き込んでカイドウの部下のスコッチと争いになりスコッチを無事ロギアの力で倒したのも束の間、X・ドレークが襲来しコテンパンにされどこかへ連行されるという所で集中連載は終わりになっていました。

ドレークに連れていかれた後この兎丼に収監されていたんですね。
かなり久しぶりに登場しましたがルフィはカリブーのことを覚えているんでしょうか

人斬り鎌ぞうの正体は?

この突然話が出てきた人斬り鎌ぞうとは何者なのでしょうか?
ワノ国の地理がよくわかりませんが北の墓場のオバケ騒動とはおでん城跡地の錦えもん達の事でしょうかね?
ワノ国の人々は当然ながらモモの助や錦えもんが生きていることは知る由もないので驚いたでしょうね。この2つの件はどのような関わりがあるのでしょうか。

ワノ国は日本の江戸時代の様な雰囲気なので娯楽が少なく、オカルトとかホラー的なオバケ騒動とかが人の興味を引くのでしょうか。瓦版の人も随分楽しそうに恨めしや~とか言ってますし。(笑)

2区8条ってのは場所なのですかね?瓦版か新聞なのかよくわかりませんが。

人斬り鎌ぞうの正体は一体誰なのでしょうか?
考えられる可能性としては…

  • カイドウの部下
  • 光月おでんの家来だった河松
  • 同じくおでんの家来だった傳ジロー

といった感じですかね。
カイドウの部下というのはギフターズでも無さそうなので違いますかね。

敵か味方かすらわかりませんが人斬ってる様な奴なので敵側でしょうか。
相当な実力者っぽい感じですが

ルフィとキッドが入れられてる兎丼(うどん)にいた毒魚の骨を飛ばした人物も気になりますね。

追記:その後調べていたらこの人斬り鎌ぞうの正体はおでんの回想でも似たようなシルエットがあったりしている様で河松が傅ジローのどちらかであることが濃厚みたいです。
悪者を斬ってるみたいな感じですかね。


引用:https://amuse-labo.com/

そうなると丑三つ小僧もなんか重要な人物なのでしょうか。

FCやネットなどで騒がれた925話の海賊島「ハチノス」

前回の925話で黒ひげ達の本拠地、海賊島「ハチノス」が出てきましたが海賊島という存在は過去にも本編に出てきていたみたいです。

そのシーンとは33巻第306話の「デービーバックファイト」の説明時にロビンの口から「海のどこかにあるという海賊達の楽園 「海賊島」でその昔生まれたというゲーム」というセリフがあります。

黒ひげは海賊島の存在を知ってて本拠地にした感じがしますね。
この時から尾田先生の中には海賊島という物が頭にあった様ですが、14年前の一セリフを見つけるファンの方達も凄いですよね。

ビッグ・マムはいつ来る?

ビッグ・マムがワノ国に向かっているようなのですが、いつ頃到着するのかもワノ国編では重要な要素になりそうなので気になるところです。先週黒ひげの口からビッグ・マムがルフィ達を追っていることが世間に知られていることを語られていましたがどの規模で襲いかかって来るのでしょうか…。

そもそもビッグ・マムが来たところでカイドウと同盟を結ぶのか、そしてビッグ・マムのカイドウへの借りとは何なのか。などの考察をこちらの記事にまとめたのでよろしければどうぞ。↓

 

来週、927話の予想

一旦このまま兎丼にいるルフィ、キッド組とワノ国で散らばって各々の役目を果たす一味達の姿とチョッパーやお玉もいるイヌアラシ組をそれぞれ描写しながら進んで行くのですね。

兎丼にいる2人は先週初登場した百獣海賊団大看板の火災のキングや戦意をへし折るのが仕事という疫災のクイーンが騒ぎを聞いて襲いかかってくる展開でしょうか。

このまま囚人丸ごと味方にして戦力にしそうでルフィの周囲の人を味方につける力が見事に働きそうです。

前々回で魚の骨を飛ばした謎の人物の正体も気になりますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です