Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ヒロアカネタバレ263話最新話確定解放戦線本部襲撃!ホークスはトゥワイスを…

3月9日発売のジャンプ15号掲載、僕のヒーローアカデミア(ヒロアカ)の最新話263話”皆といたいよー!”の確定ネタバレとあらすじを書いていきます。

ついにプロヒーローが超常解放戦線本部の群訝山荘に突入。

前衛にいる上鳴は雰囲気に飲まれながら後衛の仲間を想い戦いを決意。
「増電」の個性を持つ解放戦線幹部と対峙する。

その頃ホークスはトゥワイスを追い詰めていた…。

僕のヒーローアカデミア(ヒロアカ)ネタバレ263話最新話”皆といたいよー!”のあらすじ

では僕のヒーローアカデミアの最新話263話の確定ネタバレとあらすじを書いていきます。

前回262話ではNo.5ヒーローのミルコVSハイエンズの激戦が。

前回の詳しいネタバレはこちらから。


ワンピース最新話の確定ネタバレはこちらから。

後衛のA組、B組チームは決戦の始まりに警戒を強める

開戦直前、A組とB組の合同後衛チームは待機中。

後衛は前衛が取り漏らした敵を捕まえるのが目的です。
そしてついに開戦。

耳郎は地面にイヤホンを差し戦いが始まった事を実感した。
かつてないほどの戦いが始まった事を。

前衛にはA組から常闇と上鳴。
耳郎は常闇はともかく上鳴を心配。

八百万も「きっと大丈夫ですわ」と励ます。
しかし前衛で上鳴は未だに「皆といたいよー!」と叫んでいた。(笑)

上鳴と常闇は前衛に

ミッドナイトはまだ泣き言をいう上鳴を「あなたの個性が必要なの」と励ます。

しかし周りにはエッジショット、ギャングオルカ、Mt.レディなどプロヒーローばかり。
緊張も無理はないですね。

常闇も上鳴と一緒に文化祭でギターを弾いた時の事を引き合いに出し、「お前はすごい奴だ」と声をかける。

上鳴は「今ギター褒められても!」と言うが、もちろんそれは違う。(笑)
そんなことを話していると群訝山荘に到着。


引用:https://twitter.com/

個性「セメント」を持つセメントスが先陣を切って風穴を開ける。

超常解放戦線本部の群訝山荘突入!

群訝山荘の壁がベキベキと変形していく。

Mr.スケプティックはヒーローの急襲を察知。
遊撃連隊(ヴァイオレット)人海戦術隊(ブラック)支援連隊(ブラウン)に前に出る事を、情報連隊(カーマイン)は議事堂に行く様命令。

そこに解放戦線の幹部が現れる。
彼は切り替えて戦闘を始めることに。

セメントスの個性によって壁が変形し、大きな穴が開く。

中から先ほどの解放戦線幹部が登場
「死柄木など待つからこうなる 始めてしまえばよろしいのだ
今ここより解放(かくめい)を!」と宣言。

ついに群訝山荘でのヒーローVS超常解放戦線のバトルが始まる。
山荘内部では解放信者やトガ、Mr.コンプレスも準備を始めていた。

エッジショットは「一人たりとも逃すな!一人逃せばどこかで誰かを脅かす!守るために攻めろ!」と士気をあげヒーロー達は次々と突入していく。


引用:https://twitter.com/

しかしそんな中上鳴は雰囲気に飲まれていた。

上鳴は電撃を操る幹部を無効化する!

そんなチャージズマこと上鳴に気づくミッドナイト。

「雰囲気に飲まれるな!”どこかの誰か”が難しいなら、今一番大事なものを心に据えな」とアドバイス。

「今一番大事なもの」と言われ上鳴は後ろを振り返る。
その先には後衛の仲間達が、耳郎がいる。

耳郎の「がんばれよ チャージズマ!」の声を聞いたかのごとく上鳴は戦いを覚悟する。

ヒーロー達の前に解放戦線の幹部の一人が立ちはだかる。
彼の個性は「増電」。

名の通り電撃を増やして放つ個性。
スタンガンを手に当て蓄電していく。

そんな幹部を前に上鳴は一番前に飛び出す。

覚悟した上鳴を後ろから見守る常闇。
常闇は文化祭の時の上鳴を見てあることを思っていた。

文化祭のギターの練習中、上鳴は指を切っても練習を続けていた。
上鳴は耳郎を想い、文化祭をいいものにしたいと練習していたのだ。

そんな上鳴に常闇は「おまえは心の底から友を想う男だ。」と知っていた。

そして敵幹部が数は無駄だ!と”制圧放電 雷網”を放つ。

しかし電撃はある一点に吸われていく。

それはもちろん上鳴の指先。
上鳴の指先が避雷針となって他のヒーローが突き進む。


引用:https://twitter.com

「ハイ 幹部1名無力化成功!後衛に心配かけねーためにも皆さんパパッとやっちゃって!」と強気に出る上鳴。

ホークスはトゥワイスを追い詰めていた

そんな戦いが起こっている山荘のとある部屋。

トゥワイスは羽根に周りを囲まれ身動きが取れなくなっていた。

部屋の入り口に立つのはホークス。
トゥワイスは混乱し「どうなってんだよ なぁ」と困惑する。

トゥワイスを追い詰めるホークスの目は異様なまでに冷たい。

今週はここまで。
来週に続きます。

僕のヒーローアカデミア(ヒロアカ)の263話ネタバレまとめ

今回は殻木がいる病院でのミルコVSハイエンドの戦いから場面が代わり山荘の決戦の方に。

山荘でのヒーローVS解放戦線の戦いが楽しみです。

そして本編では上鳴が大活躍!
友を想い、決戦を覚悟する上鳴がまた人気上がりそうです。

このまま上鳴はあの幹部と戦うのでしょうかね?
「帯電」VS「増電」はどんな戦いになるんでしょう。

個性伸ばし訓練での大きな電力に耐えられる様になる訓練が功を奏したでしょうか。

上鳴は近くに仲間がいると雷に巻き込んでしまうため放電が難しいですね。
なんとかアホ化しないでがんばって欲しい所。(笑)


そしてラストのホークスとトゥワイス。
トゥワイスは完全にホークスを信頼していたでしょうからショックも大きかったでしょうね。

ラストのホークスの冷たい目がすごく印象的でした。
ホークスはトゥワイスを個性の危険性から一番警戒していたのでこうなることはわかっていましたが…。

しかしこのままトゥワイスを倒すことは物語的に無さそうなのでどうなるんでしょう。

トゥワイスはホークスを二重スパイだと気が付いた様ですがもうスケプティックにはバレてますもんね。

超常解放戦線VSプロヒーローの戦いの行方は…。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です