Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ワンピースネタバレ957話確定最新話 四皇&ロジャー、白ひげの懸賞金判明!

ワンピース最新話957話の確定ネタバレとあらすじを感想、考察も合わせて書いていきます。

957話”ULTIMATE”では四皇全員とロジャー、白ひげの懸賞金がついに発覚!
シャンクス、ロジャー、白ひげ、カイドウ、ビッグマムの懸賞金は…。

さらにロックスの全貌も明らかに!
ガープとロジャーも関わったゴッドバレーとは…。

958話の考察記事をアップしました!

ゴッドバレーには何があったのか?
ゴッドバレーが跡形も無くなったのは古代兵器プルトンによって消されたからかなど。

ワンピース確定ネタバレ最新話”ULTIMATE”のあらすじ

それでは早速ワンピース957話の確定ネタバレとあらすじを書きながら考察や感想も交えて書いていきます。

今回は巻頭カラーなので短期集中連載”ギャング・ベッジのオーマイファミリー”はありません。

海軍はロックスの再来を知る 藤虎と赤犬は

海軍本部の赤犬は藤虎に七武海撤廃の件について電伝虫で話しています。

赤犬は七武海撤廃には反対の様でしたが、藤虎は「あんたは七武海存続の為の犠牲となった市民になった事がねェからわかんねェのさ」と辛辣な意見。

藤虎は続けて「後は”SSG”を信じやしょうや きっと世界の勢力図は大きく変わる」と。
さらに赤犬はワノ国でのカイドウとビッグマムの四皇同盟を教えると藤虎は「何と!ロックスの再来ですかい!」と驚きます。

しかし赤犬は「そんな伝説じみた言い回しはやめい、これは現実で災害じゃ!」としています。

ところで藤虎が海軍の艦隊何隻かと一緒に移動しており、なにやら周りも騒がしく戦闘中の様ですね。
藤虎の怪我はサボや革命軍幹部と戦ったからでしょうがまさか現在サボ移送中とかでしょうか。

なぜ何隻かで移動しているのか、相手は誰なのか?が気になりますね。
単純に端に見える海王類と戦っているだけなのか、サボを奪いに来た黒ひげとか…。

黒ひげはさすがにまだ来ないかな。

ロックスの全貌判明 メンバーは

そして海軍本部の中では四皇二人が手を組んだと大慌て。

しかしロックスに関する情報は極めて少なく、その時代に生きたセンゴクが海兵たちにロックスについて説明を始めます。

ロックス海賊団とは大昔、”海賊島ハチノス”に一つの儲け話のために集められた個性の集団で、船内でも仲間殺しが絶えない凶暴な一味だったそうです。

メンバーは船長、ロックスを筆頭に若き日の
”白ひげ”
”ビッグ・マム”
”カイドウ”
他にも金獅子、キャプテン・ジョン、銀斧(ぎんぶ)、王直(おうちょく)など名だたる海賊達が出身だそう。(銀斧と王直は名前も初登場?)

なぜそんな伝説の一味が歴史の影に隠れたか…。
それは語り継ぐ者がいない程仲が悪かったのが一つ。

そして船長ロックスは「世界の王」を目指しており、世界政府に牙を剥き政府にもみ消された事件が多いのも要因だそうですが当時は誰もが知る大海賊でした。

そんなロックスですが運命のゴッドバレー事件が起きます。

白ひげもやはりロックスだったのですね。
じゃあミス・バッキンもロックス…?

Sponsored Link

ロックス壊滅はガープとロジャーの協力によるもの?

時は38年前。

ゴッドバレーという島で世界最強と呼ばれたロックス海賊団が壊滅したと報じられました。
誰も止める事ができなかったロックスを”海軍中将のガープ”が止めたと世界に名前が轟き、それからガープは「海軍の英雄」と呼ばれる様になりました。

しかしこの事件もガープは話したがりません。
なぜなら当時の新聞には載っていない事が二つあったからです。

一つは海賊王ゴール・D・ロジャーと手を組んだ事。
もう一つは天竜人を守ってしまった事。

ガープの道徳には天竜人を守るというのは義務ではないそうです。
ガープが大将を拒否し続ける理由の一つに天竜人の直属の部下になるのが嫌だ、という理由もあるそう。

つまりゴッドバレー事件とはゴッドバレーという島で天竜人とその奴隷を守る為そこに居合わせたガープとロジャーが手を組みロックスを壊滅させた事件だったのです。

ガープと海賊王が手を組み、天竜人もいたというゴッドバレーとは何ですか!とザワつく海兵。
センゴクによると現在はゴッドバレーは跡形もなく消えているそうで、「政府が隠したかった島で消えて無くなった島について聞きたいか?」という言葉に海兵達は黙ってしまいます。

ロックスは世界のタブーに触れ過ぎた為情報はほぼ残りませんでしたが、当時を生きた海兵達の記憶に深く刻まれた様です。
ロックスはロジャーにとって最初にして最強の敵でした。

ちなみに船長、ロックスの本当の名は「ロックス・D・ジーベック」
もちろんもうこの世にはいませんが”D”の名を持つ海賊でした。

カイドウとビッグマムがかつて同じ船に載っていたのは事実ですが38年前と今とでは実力がまるで違う為、手を組むなら世界最悪の海賊団が誕生しようとしていると危惧しています。

四皇全員の懸賞金ついに判明!

では、そんな手を組む四皇の懸賞金をここで海兵達は復習することに。

まずは1年前に四皇と呼ばれる様になった黒ひげ。
すでに作中でも出ていましたが22億4760万ベリー。

シャンクスの懸賞金は…

続いて6年ほど前から四皇に名を連ねる様になったシャンクス。

「赤髪海賊団」大頭、”赤髪のシャンクス”、40億4890万ベリー!

四人の中では1番若く、部下からの信頼も厚くベン・ベックマン、ラッキー・ルー、ヤソップなど幹部も個々に名を上げており最もバランスのいい鉄壁の海賊団と称されています。

連載開始から22年でようやくシャンクスの懸賞金が判明しましたね。

ビッグ・マムの懸賞金は…

続いてビッグマム海賊団船長にして万国(トットランド)の女王、

シャーロット・リンリン、43億8800万ベリー!

幼少期に巨人族のエルバフを襲った生まれついてのモンスター。
子供以外を信用せず85人の子供達と共におかしの王国を作ったワンマン女王と称されています。

カイドウの懸賞金は…

続いてロックスでは海賊見習いだった百獣海賊団総督

”百獣のカイドウ”、46億1110万ベリー!

個人の強さのみで凶暴な海賊達の尊敬を集め四皇と呼ばれるに至りました。

海兵達は圧倒的な四皇達の懸賞金に気が滅入ってしまいます。
今後は四皇に七武海をぶつけられない為、海軍特殊科学班「SSG」の働きにかかっている様です。

冒頭で藤虎が言っていた”SSG”とは海軍特殊科学班の事でした。
やはりベガパンクの新兵器が七武海撤廃の後押しになったのでしょうか。

白ひげとロジャーの懸賞金も!

さらに伝説の男達、白ひげとロジャーの懸賞金についても判明。

”白ひげ海賊団船長”エドワード・ニューゲート、50億4600万ベリー!

”ロジャー海賊団船長”海賊王ゴールド・ロジャー、55億6480万ベリー!

海賊史上この二人を超える懸賞金額はないそうですが、カイドウとビッグマムが組めばトータルバウンティは確実に超えてくることに。

ということはやっぱり懸賞金最高金額はロジャーでしたね。
それにしても55億…。

ルフィや黒ひげでは遠く及ばない数字です。

おでんは白ひげ海賊団の元隊長?

カイドウとビッグマムがワノ国で…と喋っていると赤犬が突然入ってきました。

赤犬はワノ国は放置。
そこに割く戦力は無いと判断しました。

しかしセンゴクはもちろん関与する気は無く若い海兵達に知識を譲っていただけだと言います。
歴史を知らねば未来は見えんとのことです。

センゴクはワノ国と聞いてとある男を思い出します。
その男の名は「光月おでん」

かつて白ひげの船で隊長をやっておりロジャーに引き抜かれ”海賊王最後の旅”に同行した人物。
「大物達がなぜワノ国に関わるのか、それが偶然とは思えない」とセンゴクは赤犬に提言するのでした。

今週はここまで。
来週も通常通り休載しない様です。

Sponsored Link

957話の感想、考察

いやー前回に引き続き今回もワクワクさせてくれました。

まさか四皇全員とロジャー、白ひげの懸賞金がまるごと判明するとは!
驚きっぱなしでした。

色々ありますがまずはロックスについて。

ロックスの全貌が明らかになりました。
やはりロックスという船長がいて、白ひげ、カイドウ、ビッグマム、金獅子、キャプテン・ジョンなど錚々たる顔ぶれが並んでいたようです。

38年前とはいえ面子が強過ぎません?
こいつらを倒したロジャーとガープって一体…。

上でも書きましたがここにウィーブルの母親のミス・バッキンもいたのでしょうか。
だとしたらウィーブルが白ひげの実の子供だということもありえるのか…?

他にも仲間殺しが横行していたとの事なので白ひげはその経験を踏まえて、自分の海賊船では仲間殺しNGという鉄の掟を作ったのでしょうかね。

白ひげの死に際の「家族が欲しい」と言っていた回想シーンもロックスだったりして。
回想では仲が良さそうですね。(笑)

四皇とロジャーの懸賞金について。

ロジャーの懸賞金が55億!と言われても正直ワケがわからないくらいの金額ですがやはりロジャーの懸賞金はすごいですね。

今後ルフィが超えていくのでしょうかね。
シャンクスも40億!

めちゃめちゃ手配書の写真がかっこいい。(笑)
カイドウやビッグマム、白ひげ達は船長の実力が突出してるワンマンタイプっぽいですがシャンクスはバランス重視で幹部も相当強いから四皇って感じですね。

さらっといきましたが四皇になったのも6年前だそうです。
やっぱりルフィと別れてグランドラインに入り直してから名を上げたんですね。

片腕になってから四皇になったって…。
やっぱりシャンクスもバケモノっぽいですね。

こちらではシャンクスの2人説について考察しています。
尾田先生にこの件についてインタビューしたフィッシャーズの動画も!

カイドウも46億でビッグマムは43億。
2人のトータルバウンティは89億9910万ベリーとなりますね。

幹部達もいますし全盛期のロックスより強力かもしれません。
やっぱりルフィ達では勝てる気がしませんが…。

まとめ

というわけで957話のネタバレやらあらすじやら考察やらをまとめました。

次回はいよいよワノ国に戻るのか、世界情勢編が続くのか。
このままおでんの過去篇に入る可能性もありますね。

ロックスとおでんの過去篇は別物として描かれるでしょうか。
いつの日か見れるロジャーの過去篇が俄然楽しみになりました。

ゴッドバレーには何があったのか…。
それがわかるのは遠い先になりそうなのはわかりますね(笑)

FODで10月4日に発売する94巻の前に93巻までをおさらいしましょう!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です