Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ストロベリーナイト・サーガ|9話あらすじ.ネタバレ「アンダーカヴァー」最終章突入!

ドラマ『ストロベリーナイト・サーガ』9話のあらすじとネタバレ、感想や視聴率などをまとめていきます。

今回のエピソードは初の映像化となる「アンダーカヴァー」。
解体された姫川班は再会することを願う…。

インビジブルレインの影響は…。
FODの見逃し配信情報も!

ストロベリーナイト ・サーガ9話の視聴率は

9話の視聴率は6.2%でした!

ストロベリーナイト・サーガ9話のあらすじ

ストロベリーナイト・サーガ9話のあらすじはこちら。

暴力団員・小林充(古野陽大)、暴力団組長・藤元英也(鈴木隆仁)が連続して殺害された事件。重要参考人の柳井健斗(寺西拓人)を自殺で亡くし、さらに牧田勲(山本耕史)を目の前で失ったことで、姫川(二階堂ふみ)は心に深い傷を負う。4人の死をもって一応の解決をみたこの事件。数日後、警察は事件についての記者会見を開くことに。長岡刑事部長(小市慢太郎)は過去の不祥事が露呈しないよう、柳井については言及しないよう和田徹捜査一課長(羽場裕一)に命令していたが…。
「インビジブルレイン」ついに完結!そして、姫川玲子が新天地で再始動!姫川班解体後を描く新エピソード「アンダーカヴァー」放送! 引用:https://www.fujitv.co.jp

ストロベリーナイト・サーガ第9話のネタバレ

インビジブルレインの影響が色濃く残る…

玲子は家に帰って事件の一部始終を思い出していた。
牧田が殺されたショックを引きずっていたのだ。

一連の事件は4人の死で幕を閉じたに見えた。

玲子は柳井の彼女に会っていた。
柳井が彼女を守る為に行動しており愛はしっかりと感じていた。
まだ柳井健人の死を受け止めきれておらず玲子はただ肩を抱いて励ますのだった。

事件の後処理や整理に姫川班の面々は追われていた。
菊田は姫川を心配していた。
姫川は独断で動いた事で姫川班の面々に迷惑がかかる事を深く後悔していた。

ガンテツと今泉係長は2人で話していた。
ガンテツも和田課長の為に動いていたのだ。
今泉は昔の自分と姫川を重ね合わせ心配していた。

後日警視庁は会見を行い、柳井健人の名前は出さない方針でいくことに。
しかし和田課長は自ら柳井の名前を出し、自らの過去の冤罪疑惑も告白。
関わった刑事部長達も全て任から降りる事も宣言。

会見場ではあっさりと事件の概要を把握していた記者がおり、彼は和田課長と過去の繋がりがあり自らに厳しい質問も飛ぶようにしていた。

姫川班はバラバラになったがまた再会することを誓う。

姫川は課長の元を訪れる。
和田課長は姫川に感謝しており新しい捜査一課を作れ!と背中を押される。

姫川班も解体されそれぞれバラバラの警察署に異動となった。
姫川が荷物を整理していると菊田と2人で話をすることに。

菊田は正直に本音を語る。
最初はあまり信じていなかったこと、しかし事件を誰よりも解決しようとしていること、部下を大切にしていることを。

これからも支えていきますと言いかけたが姫川は拒否。
菊田は牧田にあって俺に無いものってなんですか?と聞くが姫川はわからないと思う。と答える。

玲子は牧田と同じ匂いを感じていたが故だったからだ。
玲子は一人暮らしすることに。

その夜姫川班で飲みに行く。
バラバラになってしまうが姫川はまた絶対に1課に戻る事を宣言し絶対に皆を呼び戻すと。

帰り際玲子は菊田にありがとう。と言いお世話になりました!と菊田は返す。
2人は背を向けて別れるのだった。

一年経ち、姫川班は単独で事件を追う

時間は1年経ち、潜入捜査をしていた。
関西人の女性を演じている。

刑事より闇取引の猛者という女性を演じていたが全て空振り。
やっと情報が入り、話を聞きに行く事に。

白鳥(姫川の偽名)に会いたいという人がおり、直前でキャンセルし後をつけることに。
途中で別の捜査二課の捜査員土井と出くわし尾行をしている彼女から手を引けと言われるが結局姫川が尾行することに。

家まで尾行し、捜査二課に感謝される。
姫川はトキワ硝子の社長赤城が自殺していた事件を追っていたのだ。

たった一人の従業員である赤城の奥さんに話を聞くが、7000万円近くの大口取引をしており単独で行っていた。
赤城は今山商事の黒沢から融資を受けており、赤城は数社の付き合いのあるガラス会社からガラスを集め黒沢に売っていたが黒沢は行方知れずに。

赤城は黒沢が消えた事に絶望し自殺していた。
そうして黒沢の仲間である女を尾行している時に捜査二課と鉢合わせたていたと言う訳だ。

赤城の奥さんは自分が気づいてあげられればと後悔していた。

吉田真純は兄妹で詐欺を働いていた。

尾行していた女の名前は吉田真純32歳と判明。
吉田の写真を渡してもらう様に依頼する。

吉田の家を張り込みしている捜査二課の土井の元に。
土井も姫川と掴んでいる情報は同じだった。

吉田には兄弟がおり姫川の勘が当たり、兄妹でグルで詐欺を働いていた事もわかった。
吉田真純の兄の主犯の吉田克也を捕まえ姫川が取り調べする事に。

しかし吉田克也はトボける。悪気も無く。

生きてる意義はなんだ。と言われ姫川は彼に説く。
自分の正義感は独りよがりの正義感ではなく皆に支えられて生きている。
留置所の弁当を、食べて1人で生きている訳じゃないと悟れと。

とある場所では青い仮面を着けた殺人鬼が躍動していた。

FODならストロベリーナイト・サーガの見逃し配信が楽しめます!

ストロベリーナイト・サーガを見逃してしまった方もご安心ください。
FODなら見逃し配信やこれまでの1話から8話も観れます!

FODって何?

ストロベリーナイト・サーガ9話の感想

今回は前半がインビジブルレインのその後。
後半は姫川が単独で追う事件が描かれました。

インビジブルレインの影響が色濃く残っていました。

姫川も牧田の影が残っており牧田が死んでしまったことで余計に刻まれてしまったように思います。
菊田も支えようとしますが拒否されてしまいました。

2人が背を向けて別れたことがもう2人が違う道を歩むことを示唆していました。

途中で亀梨くんのRainが流れたことに驚きましたがEDで流れませんでしたね。
次回からはラストエピソード?となるブルーマーダーです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です