Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ヒロアカネタバレ277話最新話確定デク・爆豪・エンデヴァーで死柄木を圧倒

7/6発売のジャンプ掲載の僕のヒーローアカデミア(ヒロアカ)の最新話277話の確定ネタバレ”誰だよ”のあらすじを考察、予想と合わせて書いていきます。

デク爆豪エンデヴァーの連携で死柄木を圧倒!
グラントリノは志村菜奈とオールマイトの為…

またオールフォーワンの意志に抗い自分の意志でデクを捉えようとする死柄木や、連合メンバーを乗せたギガントマキアがマウントレディと押し合いなど。

僕のヒーローアカデミア(ヒロアカ)確定ネタバレ277話”誰だよ”のあらすじ

では僕のヒーローアカデミアの最新話277話の確定ネタバレとあらすじを書いていきます。

最新27巻も発売され盛り上がっていますね。

前回276話では蛇腔市の惨状がニュースに。

個性をイレイザーに抹消されている死柄木が素の戦闘力だけでエンデヴァーと渡り合う中脳無が現れ他のヒーロー達は脳無にかかることに。

イレイザーを狙いに行く死柄木にデクと爆豪が増援に入る。


同じ号掲載のワンピース最新話の確定ネタバレ記事はこちらから。

デク・爆豪・エンデヴァーで死柄木と戦闘に

デクと爆豪が出て来た事で困惑するイレイザーとグラントリノ。

グラントリノはワンフォーオールが奪われる事が最悪と考えましたがデクは冷静に最悪はイレイザーを失う事と考えました。

脳無のせいでヒーローが集まれず死柄木への戦力が足りなくなる。
抹消を解かれてまた崩壊を起こされる事が1番最悪。

それに自分たちをずっと守ってきてくれた先生を失いたくないと。

そんなデクにイレイザーはかつて自分がかけた「緑谷出久 お前の”力”じゃヒーローになれないよ」という言葉を思い出します。

自分の考えが間違っていたと思ったんでしょうかね…。

合理的に行こうぜ!と爆豪はデクに死柄木を投げさせ徹甲機銃(A・P・マシンガン)をおみまい。

しかし花火でもしてんのか?ともちろんノーダメージ。
爆豪に近寄ろうとする死柄木を黒ムチで止めるデク。

しかしそのパワーに抗えずデクごと引っ張られ死柄木は爆豪の目の前に。
「ごめんもう君に興味ないんだわ」と話しかける死柄木。

するとエンデヴァーがデクと爆豪を除けて死柄木に体当たり。
死柄木はガードするも吹っ飛びます。

エンデヴァーが2人にショートは?と聞くと2人だけです!と返すデク。

死柄木は吹っ飛んだもののすぐに止まり、「あと一手ってとこなんだけどな…よし」と何か企みます。

AFOが顔を出し死柄木は抗う

死柄木は今やオールマイト並みのパワーとタフネスさを兼ね備えてるとエンデヴァーは推察。

しかしイレイザーは自分が見ている限りはその”力”だけなのでなるべく長く保たせますとできる限り抹消し続けることを宣言する。

エンデヴァーは「デク、バクゴー来てしまったものはしょうがない 何故かは今問わぬ」
「イレイザーをサポートしろ!バクゴー!デクを守れ!」と2人に命令。

死柄木はデクを攫ってこの場を去ることを考えて特攻してきます。
さらに頭の中に「ワン・フォー・オールを手に入れろ」と声が。

「ワンフォーオール、俺のものになれ弟よ」と死柄木はつい口走ります。
さらに右目には縦線のようなヒビが。

つい口から出た言葉にデクと死柄木自身も驚きます。
エンデヴァーの攻撃を軽々と躱しながら死柄木は思考する。

「違う俺は喋ってない…我が強すぎるぜ先生」と思わず笑みを浮かべ、「俺の力だ俺の身体だ」と自分に言い聞かす。

あんたの幻聴にそそのかされてるわけじゃない!と神野のオールマイトVS先代オールフォーワンの戦いを思い出します。

あの時考えてたんだよ、悪の支配者と呼ばれた男でも最後はたった1人の力にねじ伏せられる。

「今まで育ててくれたこと感謝してるよ。
でもあんたのようになりたくないんだ、あんた以上になりたいんだ。」

「だから黙ってろよ俺の意志なんだよ」とAFOの幻聴を払拭します。

死柄木は先生に恩は感じているものの彼自身ではなく彼以上になりたい。
デクを狙うのも自分の意志だと自分に言い聞かせている様ですね。

AFO自体に意志が宿っているとは。
やはり悪の帝王おそるべし。

グラントリノは志村菜奈、オールマイトのために

エンデヴァーの攻撃のあと、すぐに近づくグラントリノ。

一撃一撃が致命傷になりかねないためパワーを逸らして戦いながら、デタラメなパワーの男に稽古をつけていたんでな!とオールマイトの事を思い出します。

「これ以上志村の思いを踏みにじるな!」と死柄木に問いかけるが死柄木は「誰だよ」と興味無さげ。

「お前の存在は俊典を…皆を苦しめる!」と死柄木を抑えながら一撃を喰らわそうとするグラントリノ。

死柄木はグラントリノの後ろでエンデヴァーがさらなる一撃を加えようとしているのを確認。

グラントリノの手から逃れエンデヴァーに一撃を加えつつジャンプし、そのままの勢いでデクに向かっていきます。

グラントリノは盟友だった志村菜奈と弟子のオールマイトが引っ掛かる様ですね。
しかし死柄木は志村菜奈を知らない…。

あの家族は色々ありましたからね…。

爆豪とエンデヴァーの合わせ技で死柄木を圧倒!

デクに向かって行く死柄木は爆豪が近くにいない事に気づき上を向きます。

すると爆豪が興味がないにも程があるぜガンギマリ野郎!「そいつぁ餌だ!」とデクを囮にしてパワーを溜めていました。

溜めていたパワーで死柄木の上から強力な一撃を与える爆豪。

この瞬間死柄木に隙が生まれ、エンデヴァーが近づきます。

オールマイトの「私の目指した象徴を君もなぞる事はない」というセリフを思い出す。

1人で全ての悪を相手取っていたオールマイトに囚われていたエンデヴァーでしたがデクや爆豪を見て「俺だけの力で勝てなくても…」

死柄木の土手っ腹に渾身のバニシングフィストを叩き込みます。

いいですね。
爆豪とデクがうまいことコンビネーションしながら死柄木を抑えエンデヴァーが叩き込む。

エンデヴァーも2人を見て俺だけの力じゃ勝てなくてもと周りの力を合わせて戦う自分だけのNo.1像を見つけた気がします。

轟君はここに来るんでしょうかね?

マウントレディとギガントマキアが押し合い

一方山荘側。

マウントレディが猛攻するギガントマキアを抑えています。

「がんばれ!」「絶対に押し負けるな!」という声に「言われなくても行かせませんよ!」と食いしばる歯が壊れる程パワー全開。

しかしマウントレディはパワー全開なもののギガントマキアは笑顔のままで猛攻。

正直ちょっとやばい感じがしますが…。
ただここでギガントマキアを抑えておかないと死柄木+ギガマキはやばそうなので頑張れマウントレディ!

しかもギガマキはみんなとおいでと言われたからか背中に敵連合の奴らが乗っています。

じゃあここはマウントレディが抑えきれず死柄木たちのとこへ来ちゃうってことかな…。

有利だったはずの戦況がどんどんひっくり返されててやばい雰囲気です。

今週はここまで。
来週に続きます。

僕のヒーローアカデミア(ヒロアカ)277話最新話の確定ネタバレまとめ

というわけで最新話277話の確定ネタバレを書いてきました。

今週は死柄木の猛攻を抑え、コンビネーションで圧倒するデク・爆豪・エンデヴァー・グラントリノという感じでしたね。

バニシングフィストがかっこいいエンデヴァーは自分なりのNo.1像を確立できそうですが一方で危なっかしい雰囲気も。

轟君の覚醒のために死亡とかはまだしばらく先にして…。
まだ3人の良き師匠であってほしいと思っちゃいます。

轟君もここに来ないかな〜と期待してますが事情も知らない&真面目な轟は来ないかな。

それと死柄木の体を乗っ取る勢いのAFOもゾクッとしました。
ただ死柄木はAFOの幻聴を払拭し、あんたの様にはならない、俺の意志だ!と独立しようとしています。

彼を超えないとオールマイトにやられた奴で終わると思ったんですかね。

幻聴で突如出来た右目の傷も今後このままなのかな?

Twitterやってます。

記事のUP情報や管理人のつぶやきなどあるのでよかったらフォローしてください!

マニアノミカタ:アカウント

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です