Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ヒロアカネタバレ275話最新話確定ヒーロー軍団VS死柄木!デク・爆豪も対峙

6/15発売のジャンプ掲載の僕のヒーローアカデミア(ヒロアカ)の最新話275話の確定ネタバレ”エンカウンター2”のあらすじを考察、予想を交えて紹介。

ヒーロー軍団VS死柄木!
いきなりデク・爆豪が対峙。

イレイザーヘッドが死柄木を抑えるも…

僕のヒーローアカデミア(ヒロアカ)確定ネタバレ275話”エンカウンター2”のあらすじ

それでは僕のヒーローアカデミアの最新話275話の確定ネタバレとあらすじを紹介。

前回274話では死柄木VSエンデヴァーが開戦。

エンデヴァーが先手を打つもオールフォーワンを受け継いだ死柄木はかなり強くなっていた。

そして先代のAFOが唯一思い通りにならなかったワンフォーオールを手に入れようとデクを探す。

エンデヴァーからの通信を聞いたデクは自分が狙われているとわかり避難する人たちから離れようとする。

デクの事情を察した爆豪は一緒についていき死柄木を狙う。


同じ号掲載のワンピース最新話の確定ネタバレ記事はこちらから!

死柄木はサーチの個性でデクに狙いをつける

死柄木は以前サーチの個性を持っていたラグドールが見ていたデータを引き継いでいた。

なので見た者達の居場所と弱点がわかるということ。

暗闇の中で一際光る存在を確認。
すなわちデクに狙いを定め動きだす。

デクからエンデヴァーに死柄木が進行方向を変えることがあれば教えてくださいと連絡。

かなり上空にジャンプした死柄木は着地に失敗するもすぐさま再生し再び上空へ飛ぶ。

エンデヴァーは攻撃を避けらながらも死柄木が確かにデク達のいる南西に進路を変えた事を伝える。

デクはエンデヴァーの通信により確かに自分が狙いであると確信。

エンデヴァーは急いで他のヒーローに南西に移動したと連絡し、訳がわからないながらもデクが狙われていることが分かり心配する。

「緑谷が危ない…!」

デク・爆豪が決意を持って死柄木と対峙!

デクは爆豪と2人で向かいながら、「かっちゃん何でついて来てくれたの⁉︎」とハッとするが「ぶっ飛ばすぞ!」と返される。

その後冷静にノータイムで事情を納得して動けるのが俺だけだったと説明。

続けて「来てくれただァ?自惚れんなテメェ主役にでもなったつもりか?」

「俺ァ死柄木に用があんだよ オールマイトを終わらせちまった男として」と拉致された神野の事件を思いだす。

デクも爆豪の葛藤を知っていた為心情を理解。

「お前は餌だ あの日の雪辱を果たして完全勝利する絶好の機会なんだ」

「わかったらてめえも気抜いて足引っ張んなよ!」と気合いを入れ、デクも「ーうん!」と決意を新たに向かう。

爆豪はデクの背中を見てデクが平常使用できるフルカウルの出力は30%でインパクトの瞬間だけは45%まで引き出せることを知っていた。

デクが力をつける度離されまいと食らいついて来た。
幼いデクとの日々はいつも自分が前にいた。

選ばれたデクよりも上に。
「負けねんだよ俺ぁ…負けたままじゃいられねんだよ!」とデクよりも前へ。

2人の何とも言えない関係性がいいですね。
ライバルでもあり、幼馴染でもあり秘密を知った者同士でもあるという。

複雑ながらも2人の息が合っているのが初期からの読者からにはたまりませんね。

そしてデクの出力が平常時で30%でインパクトの瞬間は45%。

最初の5%とか10%の時から思うと成長しましたね…。

Sponsored Link

死柄木を目の前にして死のイメージが湧き上がる

一方死柄木はエンデヴァーが通信していた姿を見ており、電波妨害を起こす事を決める。

「悪いねNo.1あんたは今じゃない」と告げ「空気を押し出す個性」と「電波の個性」を発動する。

これでヒーロー達のインカムを壊し、超スピードでいきなりデクと爆豪の前に。

その瞬間デクと爆轟は神野で味わった体が崩壊する死のイメージが再燃する。

「頭ん中で響くんだ手に入れろって OFAをよこせ緑谷出久」と2人に触れようとする死柄木。

2人が触られる瞬間、グラントリノが飛んで来て2人を掴み死柄木から離れる。

グラントリノは”ワンフォーオール”と聞いて嫌な予感がし、2人を心配して来たのです。

触れ合う物全てを壊す死柄木は今のデクでどうにかなる相手じゃない。
残ったヒーロー全員で死柄木を討つと。

デクは「っでも!」と向かおうとしますがグラントリノは「ヒーローはまだ死んじゃいねェ!」と告げる。

死柄木に空を飛んで来たリューキュウが襲いかかる。

やっぱりさすがにデクと死柄木には想像以上の壁がありますね。
神野で味わった死のイメージがハッキリとデクと爆豪によぎりました。

しかも死柄木とデク・爆轟には相当距離があったと思うんですがすぐ着くほどの超スピードにも驚きです。

ついでに電波妨害もするという離れ技で崩壊は触れ合う物全てに影響し、まだ個性は盛り沢山。
こいつどうやって倒すんですか?(笑)

ヒーロー軍団VS死柄木!イレイザーヘッドが抑えるが

リューキュウは触れられる前に死柄木を吹き飛ばす。

そこにイレイザーヘッドこと相澤先生が土埃から現れる。
デクと爆豪の姿を確認し死柄木が2人を狙った事を勘付く。

病院の崩壊時、ハイエンドに掴まれた腕を切って助けてくれたNo.6ヒーロー、クラスト。

白雲朧の事も思い出し俺は今まで命と個性を生かされてきた。
死柄木を討つために。

「死柄木…俺の生徒にちょっかいかけるなよ」と睨む。

死柄木は「本っ当かっこいいぜイレイザーヘッド」と倒れながらポケットに手を突っ込む。

死柄木の個性を封じた筈ですがポケットに手を突っ込んでるのは不穏ですね。

今週はここまで。
来週は休載なので次は再来週ですね。

僕のヒーローアカデミア(ヒロアカ)275話最新話:確定ネタバレまとめ

というわけで最新話275話の確定ネタバレを書いてきました。

今週はヒーローVS死柄木でイレイザーが死柄木を抑えるも…という回でした。

とりあえず被害が甚大ながらもグラントリノも相澤先生も生きていて一安心です。

しかし相澤先生が最後の戦いと言わんばかりの決意が不穏ですね。
デクや爆豪の卒業を見守ってあげてほしい…。

それとラスト、ポケットに手を突っ込んだ死柄木が何をしようとしているのかも不穏です。

オーバーホールが開発した個性消失弾が先週ほとんどダメになってると言ってました。

言い換えれば何個かは無事という可能性もあるので相澤先生が撃たれないといいですが。

それと山荘側で動き出したギガントマキアもやばいですね。
死柄木が起きて優勢だったヒーロー側がどんどん押されています。

どうやってオールマイトはAFOを倒したんだろうか…。

Twitterはじめました。

記事のUP情報や管理人のつぶやきなどあるのでよかったらフォローしてください!

マニアノミカタ:アカウント

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です