Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ストロベリーナイト・サーガ|5話 ネタバレ.感想ガンテツと被害者の関係は

ドラマ『ストロベリーナイト・サーガ』。
第5話のあらすじ、ネタバレと感想、視聴率など書いていきます。

今回のエピソードはシンメトリー収録の「左だけ見た場合」。
前シリーズでは井岡と日下の2人で映像化されましたが今回は姫川班が挑む!

ガンテツと被害者の関係は…。
FODの見逃し配信情報などもあります。

ストロベリーナイト ・サーガ5話の視聴率は

5話の視聴率は6.7%でした。

ストロベリーナイト・サーガ5話のあらすじ

ストロベリーナイト・サーガ5話の公式HPのあらすじはこちら。

板橋区のアパートで50代男性の死体が見つかった。死因は全身数カ所刺されての外傷性ショック死。現場に駆けつけた姫川玲子(二階堂ふみ)たちに、高島平南署の相楽康江巡査部長(宮地雅子)が状況を説明する。殺害されたのはこのアパートの住人、吉原秀一(小林隆)。指紋が拭き取られた凶器の包丁は、この部屋のものと思われた。死体のそばにある“ある印”に気づいた姫川に、相楽は吉原の持ち物と思われる折りたたみ式携帯電話を見せる。相楽によると携帯には入力途中の番号「0456666*」が表示されていたという。
いったい誰が、なんの目的で殺害したのか?そして被害者の携帯にガンテツ(江口洋介)の名前が登録されていた理由とは? 引用:https://www.fujitv.co.jp

ストロベリーナイト・サーガ5話のネタバレ

湯田さんがFBIの特殊操作のドキュメントを見ている。
だが姫川班の誰も超能力などを信じていない。

被害者吉原秀一は超能力者?

後日、とあるアパートで死体が見つかる。
被害者の名前は吉原秀一。

死体は何度もお腹を刺されて死んでいた。

被害者の近くにあったて開いていた状態の携帯には謎の番号「045666*」が打ち込まれていた。
現場に残された物から被害者はマジシャンで顔見知りの犯行だと推察された。

アパートの管理人は被害者が手を使わずに物を動かすのを見たと言う。

ガンテツと被害者の関係は?

被害者の携帯の電話帳にはガンテツの名前が。
ガンテツに直接聞きに行くと知らないと言い張る。

菊田は被害者が出入りしていたマジック道具の専門店に聞き込みに行くと顔見知りの客と揉めていたと言う。

電話帳に登録されていた人物に順番に聞き込みに行くと被害者は超能力だと証言。
同業者でもマジックの種がわからなかったらしい。

特に恨まれてもおらず、妻も20年ほど前に死んでしまったと言う。
姫川も偶然定食屋で一緒になった井岡の前でマジックを披露し、どんな不思議な事もタネがあると主張。
超能力者なんていないと…。

近くの公園の洗面所で衣類を洗う中年男性な目撃されていてその公園の洗面所を調べると被害者の血液反応も出たと言う。
そして調べるうちに被害者の開いていた状態で見つかった携帯を被害者は開かずに操作していた事もわかる。

菊田に被害者と揉めていた人物「谷口宏」のタレコミが入り、任意同行をかけようと谷口の自宅に行くと突然逃げ出した。
姫川班の葉山はそのまま捕まえようとせず過去の映像が蘇り、谷口を逃がしてしまう。
その後菊田が追いつき、谷口を無事捕まえた。

取調べをすると谷口はマジックのタネを教えてくれず、逆恨みしてマジック道具を壊したりしたのがバレたくなかったと証言
谷口は公園のトイレで衣類を洗っていた人物の目撃情報とも違っていてシロだと断定した。

姫川は何かに気づく。葉山は過去に何かある?

姫川は菊田がガラケーを使っているのを見て「なんだ、左か」と呟いた。

携帯の電話帳に登録されていた人物に聞き込みをしていると被害者の吉原は過去に建築業をしていたが消費税が上がるときの22年前に少しバブルが起きた。
しかし当時被害者の吉原の会社の商材の石膏ボードが盗まれ、作業が滞り会社を維持できず借金まみれになり会社も倒産。

その後に妻も苦労がたたり体を壊して亡くなっていた。
そこから数年経ってマジシャンとしても下積みを経て大成していた。

当時周りの小さな会社も石膏ボードが盗まれ、被害にあっていたが唯一渡辺工務店を営む「渡辺茂」という人物がいたという。
死ぬ前に被害者の吉原は渡辺が当時被害に遭っていないこと知ったらしい。

姫川はあることに気づき、渡辺に焦点を定めることに。

姫川は何かを直感し、渡辺の身辺を洗わせてほしいと懇願。
渡辺を尾行し、指紋を採取しようとしたが中々チャンスを得られない。

やっとの思いで指紋をゲット。
やはり渡辺の指紋が被害者のアパートにあった指紋と一致。

服を公園のトイレで洗っていた人物の目撃証言の背格好も渡辺と一致していた。
渡辺を追い詰めようとし、姫川は葉山に喝を入れた。

無事渡辺を逮捕し、取調べをすると22年前の窃盗で被害者の吉原に恨まれ、渡辺ははした金で吉原に「この金で忘れよう、これでやり直せよ」と言うと吉原が「妻も死んで何もかも無くなったんだ、やり直せだと?ふざけるな!」と激昴。

渡辺は襲いかかられもみ合いになり勢いで何度も吉原を刺して殺した。
あろうことか渡辺は自分は悪くない。やむを得なかったと主張。

その態度に姫川は静かに怒り、「何でもかんでも人のせいにして、その身勝手さは死んでも直らないんでしょうね」と冷たく突き放した。

ガンテツは昔は良心があった?

その後菊田は吉原の携帯にガンテツの名前があった理由がわかった。

吉原は妻もなくし、絶望しいつ死んでもいいと思っていたが飲み屋で偶然あった客に死ぬ前に好きなようにやれと話した。
その吉原の恩人こそがガンテツだった。

吉原が22年前に窃盗被害にあった時にガンテツが所轄として事件にあたっていた為、飲み屋でマジシャンが出ているテレビを見ていた吉原に声をかけたのだ。

犯人を無事逮捕しても吉原の様な善良な市民を守れなかったと姫川は浮かない顔だった。
渡辺のような身勝手な人間がいる限り犯罪は減らない。
だが係長の今泉は「市民が安心して暮らせる様に俺たち警察がいるんだ」と姫川に説いた。

姫川はなぜ渡辺がすぐによぎったのか菊田が聞くと謎の番号は携帯で打った時に左手で吉原がダイイングメッセージで「わたなべ」(ガラケーで打ち込んだ時に045666*はひらがなだとわたなべとなる。)となっていた為だった。

吉原は刺された後に打ち込んだと姫川は直感していた。
しかしやはり吉原が最後に携帯に触ったのは内側ではなく携帯の外側だったという。

どうやって番号を打ち込んだのか?
やはり吉原は超能力者なのか

ストロベリーナイト ・サーガ5話を見逃してしまった方の為に!

ストロベリーナイト・サーガを見逃してしまった方も安心!
FODなら無料で見逃し配信もこれまでのストロベリーナイト・サーガも見ることができます!

そもそもFODがわからない。どうすれば見れるのか、どんなコンテンツがあるの?という方はこちらの記事を是非ご覧ください!

ストロベリーナイト・サーガ第5話の感想

今回は左だけ見た場合の映像化でした。
途中まで姫川と一緒に捜査していたおばさん刑事はなんだったのでしょう?

途中で風邪を引いたと言っていなくなりましたが…。

犯人の渡辺が過去に窃盗して吉原の人生メチャメチャしてその癖消費税をあげる国が悪いって…。
どうしようもないクズ野郎でしたね。

ガンテツが昔ちょっといい人でしたね。
前作のドラマではこんなシーンはなかったですよね。

あとは葉山の過去が少し回想出てきたり。
昔恋人を殺されたりしたのでしょうか。

次回は「夢の中」「闇の色」です。
いよいよ初映像化となる作品ですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です