Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ストロベリーナイト・サーガ|最終話ネタバレ 要潤演じるブルーマーダーに姫川は…

ドラマ『ストロベリーナイト・サーガ 』最終話11話のあらすじ、ネタバレや感想や視聴率をまとめていきます。

今回は初映像化となる「ブルーマーダー 後編」。
前回単身でブルーマーダーのアジトの近くに行った菊田に姫川は…。

元警察官にして暗い過去を持つブルーマーダーは。
FODでの見逃し配信情報も。

ストロベリーナイト ・サーガ11話の視聴率

こちらはわかり次第更新していきます。

ストロベリーナイト・サーガ最終話のあらすじは

ストロベリーナイト・サーガ最終話のあらすじはこちら。

池袋界隈で暗躍する裏社会の者たちを次々に殺害し震撼(しんかん)させている“ブルーマーダー”。その手口は何らかの武器を用い、全身の骨をバラバラにするという残忍さを漂わせる。事件を追っていた姫川玲子(二階堂ふみ)は、勝俣健作(江口洋介)とバディを組む葉山則之(葉山奨之)から“ブルーマーダー”の正体がわかったと連絡を受ける。驚くべきことに、その正体は元警察官の木野一政(要潤)だという。そんな中、池袋のホテルで警察官も被害を受ける発砲事件が発生。現場に急行した姫川は、近くの公園に身を潜めていた木野を発見、確保する。元警察官の木野はなぜ、反社会組織の連中ばかりを狙った連続殺人を起こしたのか。取調べを進める中で驚くべき真実が明らかになっていく。
姫川玲子のサーガ(英雄伝)がついに完結!そして、姫川、菊田和男(亀梨和也)、2人の関係の行方は…!?感動の最終話をお見逃し無く!引用:https://www.fujitv.co.jp/

ストロベリーナイト・サーガ最終話のネタバレ

ブルーマーダーはあっさり捕まえるが…

片腕を撃たれたブルーマーダーは逃げている。
姫川はペアの刑事と追いかけ、巡査も含め探していく。

姫川は勘による捜査で彼を発見。
ブルーマーダーはもう腕を撃たれ衰弱していた。
彼は大人しく投降した。

姫川が署に戻るとガンテツがブルーマーダーこと木野の取り調べをするという。
姫川はガンテツと取引をする。

ガンテツの持ってる情報を引き換えに取り調べをさせることに。
木野をヤクザのスパイとして潜入させていた下江は正直に理由を話す。

木野が潜入していた組で元警察官とバレた為リンチされ誰が自分を売ったのか知りたくて一連の犯罪の理由だった。
ガンテツと姫川はブルーマーダーは他にも複数の共犯がいると睨んでいた。

木野をガンテツと姫川で取り調べる事に。
木野の本当の目的は裏社会の天敵であろうとしたのだ。

ブルーマーダーの影響力によって。
木野本人は否定するが姫川本人は確信していた。

ブルーマーダーはまだ終わっていない…。菊田がピンチに!

その頃ノリが手に入れた情報によると木野は末期ガンを告知されていると知った。
ガンテツがよく利用していた情報屋がブルーマーダーの残された2人にやられた。

1人は指名手配中の岩渕時生。
もう1人は覚せい剤の使用で捕まった過去を持つ茅場一。

その頃岩渕を追っていた菊田はアジトに戻る岩渕と茅場を目撃する。
岩渕は美人局のせいでヤクザの奴隷のように使われており振り込め詐欺のせいで捕まった時に護送中に逃げだし指名手配犯になっていた。

岩渕は木野に師事し訓練していた。
岩渕は木野が捕まっても茅場と2人でブルーマーダーを続ける気だった。

菊田はアジトに入り出てきた茅場から話を聞く。
茅場はとぼけるが菊田は不意打ちされる。

その後菊田とペアの刑事を人質にして立てこもる事件が。
姫川はその事件を聞き急いで駆けつける。

姫川は大塚を失った時の様に部下を失いたくないと自ら説得に名乗りでる。

木野を売った人物が判明。

その頃下江は木野を売った人物を突き止める。
それは組対四課の係長だった。
ガンテツと木野も話を聞いており木野は化けてでもお前を殺すと復讐を誓う。

姫川は背中に銃を隠し持ち説得をする事に。
中に入ると満身創痍の菊田が。

姫川は銃を取り出し銃を置く様に提案する。
姫川は自分の過去を話し始める。

菊田は何も言わず話を聞いている。
姫川は自分をレイプした奴を殺したくてしょうがなかった事も。

菊田は姫川との過去を思い出す。
でも姫川は警察に入り自分を支えてくれる仲間とも出会えた事を。

憎しみは消えない、消えるはずも無いし、忘れることも無い。
同じ復讐者を誓う岩渕を憎しみは愛情の裏返しと捉えられないかなと説得する。

私の仲間を殺さないでありがとうと言いたいと。
もし罪を償って生きる場所が見つからなくても私の所に来て、他の誰かが許さなくても私が許すと。

岩渕が悲しみに暮れて姫川を打ち返そうすると菊田が力を振り絞って岩渕の銃を落とさせ一本背負いを決める。
茅場は捕まる直前に岩渕が誰も殺してない事を主張する。

怪我人もおらず無事に事件は解決した。
姫川と菊田を心配した姫川班の面々も駆けつけた。

その頃木野は下江に感謝しもうこれで心置き無く死ねると宣言する。
ガンテツから見ても木野はもうガンの為末期だった。

事件は無事解決し、もう一度姫川班を結成すると誓う。

姫川は菊田のお見舞いに行く。
菊田は鎖骨が折れていたが姫川に命を救ってもらった事を感謝する。

菊田は自分が情けないとひたすら謝る。
姫川は自分がもう一度1課に戻って再招集を、かけたらまた姫川班に戻ってきてくれる?と問う。
菊田は少し黙ったあと絶対に戻る。何があっても1番に駆けつけると誓うのだった。

姫川と入れ違いになった菊田の妻はりんごを菊田の為に剥く。
菊田はずっと行けなかった映画を退院してまだ公開してたら一緒に行こうと約束する。
菊田の妻は菊田の姫川への思いもわかりつつ約束してくれた事が嬉しかったのだ。

姫川は傘をさして帰る。
雨の中ー。

ストロベリーナイト・サーガの無料見逃し配信はFODで!

ストロベリーナイトサーガ を見逃してしまった方ももう一度一から見たい方もFODがおすすめです!

全シリーズのSP版や映画版も楽しめます!
まずはこちらの記事をご覧ください。

ストロベリーナイト・サーガ第11話の感想

https://twitter.com/PartOfLifeMovie/status/1141708494527008771

https://twitter.com/aiai_hyphen/status/1141707988719173632

今回でストロベリーナイト・サーガは最終回です。

前シリーズでやっていたエピソードはどうしても前シリーズが被りがちでしたが初映像化となるエピソードはよかったです。

特に最終章のブルーマーダーは面白かったです。

賛否両論、どちらかといえば否の方が多かったですがラストは特によかったです。
菊田は姫川を前と同じように憧れつつも色恋の気持ちはなく純粋に支えていくと誓うシーンが。

菊田の奥さんも菊田の気持ちを理解して何だかんだ仲良くなっているのがまたいいですね。

姫川を演じる二階堂ふみさんが岩渕に対し説得を試みるシーンもよかったです。
木野の言う通り捕まえただけじゃどうにもならない、何も解決していないのが感じる世の中なだけにブルーマーダーの恐怖で犯罪を減らそうとする雰囲気はバットマン的な雰囲気もあり、グッときました。(わかりづらかったらすみません。)

木野はあのままガンで死んでしまうのでしょうが組対四課の係長は何も罰がないのかなと気になりました。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です