Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ワンピース最新話976話最新話考察ついに鬼ヶ島に。ドレークやさらなる助っ人は…

ワンピース976話の最新話ネタバレ考察と予想をまとめていきます。

ついに鬼ヶ島へ。
戦力は総勢5400人。
ドレークやさらなる助っ人はどうなる?

他にもアプー、ホーキンスはどちら側につく?
ギア4を出したのは流桜のギア5が出るから?
錦えもんはネットである意味大人気になど。

ワンピース最新話976話のネタバレ考察

それではワンピース最新話976話以降の展開を予想、考察していきます。

975話ではキッド、ルフィ、ローがいがみ合いながらも共闘し百獣海賊団の船に乗り込む。

そこに狂死郎こと傳ジローが現れ、赤鞘への仲間入りを表明する。
同時に判じ絵の読み方がトカゲ港ではなく、刃武港の波止だったことも判明。

無事だったヒョウ五郎や兎丼、都の侍など総勢5400人が集結。
いざ鬼ヶ島へ乗り込むことに。

錦えもんは判じ絵の読み方を間違えていたことに初めて気付くが結果的に光月の同志たちを全員助ける結果となった。

975話の詳しいあらすじなどはこちら。

総勢5400人でついに鬼ヶ島に。ドレークやさらなる助っ人は

なんだかんだ時間をかけてついに光月家の同志たちが集結。

総勢5400人の大軍勢でいざ鬼ヶ島へ。
しかし一方で百獣海賊団とオロチの部下たちは総勢3万人。

当初の錦えもんの理想だった戦力5000人を超える軍勢が集まったものの、やはりまだ厳しい。

そこで先週の考察記事では助っ人に来てくれそうな戦力をまとめました。
ほぼ確定的な助っ人はネコマムシと俠客団(ガーディアンズ)、ジンベエ(タイヨウの海賊団も?)。

まあまあ来てくれそうなのはマルコやイゾウ。
その他白ひげの隊長たちも来るかな?という感じ。

マルコはウィーブルが不安要素でしたが七武海撤廃でどうなるかという所。

他に味方になってくれそうな可能性のあるキャラクターはドレーク。

ドレークは海軍のスパイ組織、機密特殊部隊「SWORD」の隊長であったことがわかっています。


引用:https://twitter.com

ビッグマムとカイドウが手を組んだことによってマズいと思ったのかローをホーキンスから逃しています。

そんな海軍はワノ国は放っておくことに決めています。
現在七武海撤廃によりハンコックやミホーク、ウィーブル、バギーの討伐や新兵器「SSG」の投入などで忙しいため。

元七武海の面々は結局どうなったんでしょうね…。
ワノ国編が終わるまでわからないのかな…。

話が少し逸れましたがドレークが味方になってくれるかは微妙ですかね。
一応カイドウ側ですが火祭りに参加しているのかもわかりませんし。

個人的な予想としてはあくまで中立な立場として戦いに参加せず、海軍に戻って次の章あたりでコビーと一緒に何かやると思っています。

CP0がワノ国と取引してるのを見て思考が止まったと言ってますし、反世界政府側として将来的にルフィ達と共闘する未来すら想像しています。

というかコビー好きなので一緒にいるとこ見たいなって願望もありますが。(笑)

ホーキンス、アプーはどちら側につく?

一方完全なカイドウ側であるホーキンスとアプーはどうでしょう。

アプーは元からカイドウの傘下でキッド、ホーキンスは騙されてしまいました。

なので人を裏切りそうな性格ではありますが、さすがにカイドウ側のままワノ国編で脱落すると予想。

最悪の世代みんなルフィ側というのもつまんないですし最後まで敵としてやられてほしいです。

キッドあたりにやられる展開を予想。
カイドウの元でぬくぬくやってたせいでキッドと差がついてた的な。


引用:http://www.maniado.jp/

同様にホーキンスもこのまま敵としてやられそうです。

というかホーキンスはローにやられてどうなったんですかね。
ローがザクっ!とやったシーンも詳しく描かれませんでしたし。

さすがに殺してはいないと思いますがカイドウについたが故にルフィ達にやられて脱落という展開になりそう。

なのでアプーとホーキンスはカイドウ側のままルフィ達に負け、ここで脱落という展開になると思っています。

Sponsored Link

ルフィがギア4を速攻で出したのは流桜のギア5が出るから?

今週ルフィ、キッド、ローが共闘。

シャボンディは2008年あたりの52巻。
三人の共闘はざっくり12年ぶりの44巻ぶりという感じです。

シャボンディ編当時のワクワク感を思い出して感動しました。
三人がパワーアップしていがみ合いながらも共闘って熱すぎますよね。

ローはもうパンクハザードから半分麦わらの一味みたいな感じでしたが。(笑)

それより気になったのはルフィがあっさりギア4を出したこと。
ギア4を使って覇気が切れると10分間何もできなくなるというデメリットがあるのに…。

単純に12年前のように3人とも奥義を見せて張り合ってるというのもあるのでしょうがここまで軽く使うとさらなる新技を期待しますよね。

修行してた流桜を組み込んだギア5とか。あとギア5とか、ギア5とか。

またヒョウ五郎との短い修行期間を経てギア4のデメリットをある程度克服した可能性もありますかね。

個人的にギア4のデザインすごく好きでバウンドマンもスネイクマンも好きなのでギア5も期待大です。


引用:http://imgcc.naver.jp/

初めてギア4を使ったドフラミンゴ戦からはもう5年なのでそろそろルフィの新形態が来るかもと願望を込めて予想。

血管もゴムというのを活かしたギア2、骨風船のギア3、筋肉風船と覇気を合わせたギア4。

ギア5で新たにゴムにするとこが無いような気もしますが。(笑)

内部破壊の流桜を組み合わせてどんな技を繰り出すか楽しみですね。

錦えもんがネットである意味大人気に。

今週錦えもんがネットである意味大人気に。(笑)

あんなシリアスな場面で天然で間違えていた錦えもんが赤鞘一の策士だったなんて…。

思えば新たな判じ絵を読むときに「2本の足が足されてちと長いがトカゲになった」なんてちょっと変ですもんね。

「なぜ誰も来ぬ!助太刀お願い申す!」→場所を間違えていました。とかもはやギャグです。
まさかこんな笑っちゃう伏線仕込むのもワンピースっぽくて最高です。

錦えもん以外の赤鞘は判じ絵をちゃんと確認してないみたいでしたし、各地の同志達も暗号だから「線二本?ああなるほど」しか言ってませんし。

何気にカン十郎が演技で騙されたと思い込むのもナイスです。
オロチが錦えもんを赤鞘一のキレ者と称していたのも、もはやフリ…。

ファンの間では…
「この2週間でイマイチ印象が薄かった錦えもんとカン十郎にキャラがついた」
「さすが俺たちの錦様」、
「さす錦が止まらない」、
「キレ者でオロチを騙し続けた傳ジローが崇拝する錦様」といった人気っぷり。

たしかにカン十郎も錦えもんも現代でも過去篇でもそこまで活躍しませんでしたが一気にキャラクターがわかりました。

今までのスパイだとか、シリアスな場面すらも和む様な見事なオチでした。(笑)

とはいえ結果的にルフィ、キッド、ロー連れてきたりとまともな活躍もあるから愛されるんですよね。

理想の5000人を超えてさらに助っ人も期待できる状態なんて錦えもんがいなかったら無理でしたからね。

パンクハザードからつなぎ続けた決戦が近づいて来てると思うとワクワクします。

ワンピース976話のネタバレ考察まとめ

というわけで976話以降の展開を予想してきました。

錦えもんの大オチもありましたがキッドのシーンが個人的に嬉しかったです。

鉄を装備して大きくなる磁気魔人はバレットに近いですかね。
磁気を使って百獣海賊団の船に移動するシーンも能力を活かしててよかったです。

3人の共闘もやっぱり最高で、この3人なら四皇倒せるんじゃね?って思わされました。

3人の共闘が12年ぶりというのも驚きでしたが麦わらの一味のサニー号集結もドレスローザ上陸以来何気に6年ぶりでした。

いよいよ火祭り決戦も見えてきて楽しみです。
四皇二人という最悪の敵にどう立ち向かうのか…。

FODならアニメの見逃し配信が無料で原作やフルカラー版も。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です